Record China

ヘッドライン:

海外市場で敗退した日本の携帯電話=なぜiPhoneを作れなかったのか?―中国紙

配信日時:2010年10月25日(月) 6時53分
拡大
22日、21世紀経済報道は記事「日本はなぜiPhoneを作らなかったのか?=携帯端末製造をキャリアが支配」を掲載した。写真は9月、中国本土でのiPhone4発売。
(1/4枚)

2010年10月22日、21世紀経済報道は記事「日本はなぜiPhoneを作らなかったのか?=携帯端末製造をキャリアが支配」を掲載した。

その他の写真

10月5日から9日まで幕張メッセで開催されたシーテックジャパン。しかし欧米企業の出展は少なく、日本企業だけの祭典となりつつある。まさに日本市場の10年の象徴のようだ。この封鎖された市場にノキア、サムソン、モトローラなどの世界的企業は進出できず、日本本土の携帯電話メーカーは連合してこの地を守っている。しかし、日本メーカーの良き日々も終わりに近づきつつある。その理由はアップルの登場だ。

今年発売されたiPhone4は爆発的な人気となり、今でも購入には予約が必要なほどだという。iPhoneは日本市場に巨大な衝撃を与えるものとなったが、なぜ日本メーカーはスマートフォン開発で遅れをとったのか。本紙の取材に答えた日本の業界関係者は、携帯キャリアと端末メーカーが強い結びつきを持つ日本の特殊状況が原因だと口をそろえる。

日本の携帯端末は、キャリアがパーツの企画やデザインまで指定した規格表を策定。端末メーカーはそれに基づいて開発するばかりだった。ゆえに強力な研究開発能力を持ちながらも、個々の問題解決に終始し、基本ソフト(OS)開発という全面的な変化が進まなかったという。

また日本メーカーは海外市場に対応した携帯を開発できずにいる。中国規格のTD-CDMAの開発に日本企業は二の足を踏むばかりだったが、サムソンなど世界的メーカーはただちに反応した。結局、世界市場で日本メーカーは敗退を繰り返している。

しかし、日本モデルが没落したと判断するのはまだ早いと野村総研(上海)コンサルティング有限公司の劉羽(リウ・ユー)氏は話す。「日本メーカーは大量のアプリケーションを開発しています。この点は国際市場も学ぶべきでしょう」と劉氏は指摘し、日本はなお世界のモバイルインターネットの発展に重要な貢献をしているとコメントした。(翻訳・編集/KT)

関連記事

シャープ、携帯端末「3G」で再び中国市場に参入、日本の他社も追随か―中国紙

25日、昨年、携帯電話端末で中国市場に本格参入したシャープが今月末、北京で新製品の発表会を開催する。今年からようやく3Gサービスが開始された中国で、世界トップクラスを誇る日本勢は再び勢いを盛り返すことができるのか。写真は北京の街頭。

Record China
2009年7月27日 12時55分
続きを読む

iPhoneが中国市場で成功した理由―米誌

6日、米誌フォーブス・ウェブサイトは、中国ネット市場に詳しいポール・デンリンガー氏の記事を掲載した。同氏は米アップルが中国市場で成功した理由を分析している。写真は今年3月、iPhoneの街頭広告。

Record China
2010年5月9日 23時6分
続きを読む

モバイルメール市場が急成長、中国マネーを狙うスマートフォン「ブラックベリー」―中国紙

21日、人民郵電報は「モバイルメール市場が急成長、ブラックベリーが中国マネーを狙う」と題した記事を掲載した。熱狂的なファンを持つスマートフォン「ブラックベリー」を擁するRIMは中国市場での成功を狙っている。写真はブラックベリー。

Record China
2010年5月23日 13時46分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング