Record China

ヘッドライン:

中国海軍が進める3つの戦略=目的は「資源」と「領土」―英シンクタンク

配信日時:2010年10月22日(金) 11時13分
拡大
18日、英シンクタンク、国際戦略研究所は「中国海軍の3つの戦略」と題したレポートで、海軍力増強を進める中国の目的は「海洋資源」と「領土問題」だと指摘した。写真は9月、黄海で行われた中国とオーストラリアの海軍合同軍事演習。
(1/4枚)

2010年10月18日、英シンクタンク、国際戦略研究所(IISS)は「中国海軍の3つの戦略」と題したレポートで、海軍力増強を進める中国の目的は「海洋資源」と「領土問題」だと指摘した。21日付で環球時報が伝えた。以下はその内容。

その他の写真

中国人民解放軍海軍は今年、いくつもの演習を実施して遠洋での作戦能力を強化したほか、国を代表して何度も海外訪問を行っている。一連の行動は野心に満ちた海軍戦略―政府のために海洋資源を確保し、隣国との領土紛争を有利にする―から来たものだ。

では、中国は現在どのような海軍戦略を進めているのだろうか?それは▽軍事演習は訓練と威嚇という目的を達成するために行う▽遠洋での作戦能力を強化する▽港の訪問や相互協力を拠り所とした軍事外交を行う―の3つである。

中国海軍と海岸警備隊は今年、例年以上に「リアルさ」を追求した演習を、例年をはるかに超える回数をこなし、航行距離をさらに延ばせるという自信を深めた。南シナ海情勢が緊迫するなか、こうした演習を行うことは周辺国に対する明確な威嚇にほかならない。

だが、こうした行動が周辺国の警戒を招くことは中国も自覚している。だからこそ、海軍戦略の3つ目が軍事外交なのである。その目的はアジア太平洋および他地域と2国間または多国間の関係を構築すること。周辺国とのいざこざを鎮めることにより、周辺国が米国と軍事関係を結ぶ可能性を抑えようとしているのだ。

中国は2050年までにブルー・ウオーター・ネイビー(外洋海軍)になるという目標を抱いている。中国政府は今後少なくとも10年間は外交と国防を政策の軸にするとみられる。そして、恐らく強大な海軍力を後ろ盾とし、東シナ海と南シナ海を強引に自国領土に組み込むつもりなのだろう。(翻訳・編集/NN)

関連記事

中国海軍は世界3位の実力、インドとは雲泥の差―スイス研究機関

5日、スイスのシンクタンクは、中国海軍はすでに米国とロシアに次ぐ世界第3位の実力を備え、インド洋をめぐり覇権争いを展開するインド海軍との差は歴然だとするレポートを発表した。写真は7月、ソマリア沖に向け出発した中国海軍のミサイル護衛艦「舟山」と「徐州」。

Record China
2009年8月11日 17時32分
続きを読む

領土問題で対立深まる日中関係=強硬路線に転換した中国―米メディア

9日、米ラジオ局ボイス・オブ・アメリカ中国語サイトは記事「敏感な領土問題=日中が主権問題で対峙」を掲載した。中国の強硬な態度の背景には領土政策の転換があったと分析している。尖閣諸島沖で海上保安庁の巡視船に中国の漁船が衝突した事件の資料図。

Record China
2010年9月10日 11時52分
続きを読む

ランキング