春節を控え、豚バラ肉を干し始める広西壮族自治区の人々

配信日時:2018年1月13日(土) 12時0分
春節を控え、豚バラ肉を干し始める広西壮族自治区の人々
画像ID  850535
広西壮(チワン)族自治区柳州市の道路脇や住宅団地には、住民たちの手作りの燻製●肉(豚バラ干し肉、●は月偏に昔)が吊るされていた。同市三江トン族自治県丹洲鎮丹洲村でも、村民たちが燻製食品を作り始め、春節(旧正月、今年は2月16日)の到来に向けた準備をしていた。●肉は中国南部の人々に愛されており、●月(旧暦の12月)になると、多くの家で自家製の●肉が作られ、街の至る所から燻製のいい匂いが漂ってくる。約20日干して完成した●肉は、春節中の大人気のごちそうとなる。中国新聞網が伝えた。(編集TK)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事