Record China

ヘッドライン:

中国は今後「影の大国」へ、本質的にはアメリカとは衝突せず―シンガポール紙

配信日時:2010年10月14日(木) 22時7分
拡大
7日、シンガポール紙は「中国は新たなタイプの超大国となるか」と題した記事を掲載。中国の発展は新たな文化や価値をもたらすものではなく、アメリカ主導の秩序とは衝突することはないと指摘した。写真は09年10月、中国建国60周年閲兵式での中国人民解放軍。
(1/4枚)

2010年10月12日、環球時報によると、シンガポールの英字紙ザ・ストレーツ・タイムズは7日、「中国は新たなタイプの超大国となるか」と題した記事を掲載。中国は内外に難題や矛盾を抱えるが、21世紀には世界を主導する超大国になると指摘した。

その他の写真

中国が過去のソ連やアメリカのような超大国になることはないだろう。アメリカに取って代わることはなく、「影の超大国」として世界を主導するとみられる。というのも、中国やインドの台頭は欧米が主導してきた政治経済秩序を受け継ぐのみであり、新たな政治文化や価値体系を形成する可能性は極めて低いからだ。

15世紀以来、歴史家や国際問題研究家は「経済発展が政治の進展をもたらし、さらに軍事的征服と文化の伝播をもたらす」というモデルを当てはめる傾向がある。しかし、実際は15世紀のイギリスは海軍によって世界を征服したのではなく、蒸気機関などの開発によって起きた産業革命によって世界を制覇した。同様に、戦後のアメリカは情報産業や空間技術がもたらした新技術革命によってその地位を確固とした。

つまり、現在の中国の発展は、15世紀のイギリスや戦後のアメリカとは異なる。中国やインドの発展は経済発展に基づくのみであり、価値や文化を新たに創造しているわけではないからだ。こうしたことから、中国はアメリカ主導の現在の国際秩序とは本質的には対立するものではないと記事は指摘している。(翻訳・編集/小坂)

関連記事

大国としての立場に戸惑う中国、温和な新外交を打ち出せるかが焦点―英メディア

9月27日、ロイターは記事「地域紛争はアジア地域における中国の野心を試している」を掲載。中国の台頭、この事実を隣国ばかりか、中国自身が受け入れられていないと指摘した。写真は09年7月、南シナ海でインドネシアに拿捕された中国漁船船員の帰国。

Record China
2010年10月3日 6時0分
続きを読む

ニセモノ大国から特許大国へ=独自の知的所有権確保に躍起の中国―韓国紙

8日、韓国紙・朝鮮日報は記事「ニセモノ大国を脱却し知的所有権に注目する中国」を掲載した。金融危機の影響で世界の研究開発費が削減される中、中国だけは新技術開発に多額の資金を投じているという。写真は広東省で押収されたニセモノのバイアグラ。

Record China
2010年9月12日 18時8分
続きを読む

ランキング