Record China

ヘッドライン:

バスケットでもカンフー炸裂!ブラジルとの親善試合で大乱闘―中国

配信日時:2010年10月13日(水) 15時49分
拡大
12日、中国の河南省許昌市で開催された男子バスケットボールの中国対ブラジルの親善試合で乱闘が起こり、ブラジルチームが試合を放棄するという騒ぎがあった。
(1/8枚)

2010年10月12日、中国の河南省許昌市で開催された男子バスケットボールの中国対ブラジルの親善試合で乱闘が起こり、ブラジルチームが試合を放棄するという騒ぎがあった。スポーツニュース専門サイト・華体網が伝えた。

その他の写真

事の発端は、試合開始30秒後に中国の張慶鵬(ジャン・チンポン)選手がブラジルのディフェンスと接触し、倒れこんだこと。張選手がディフェンスを妨害したとしてファウルをコールした審判に対し、烈火のごとく腹を立てた中国チームのBob Donewald監督が大声で罵り始めた。

テクニカルファウルを受けても一向に止めない監督。慌てたスタッフや通訳などが監督を取り囲んで退場を促した。ところがこの時、腹の虫が収まらない監督がスタッフらをかき分けて飛び出し、看板などを叩き壊す。周囲は騒然。審判は再度テクニカルファウルをコールし、監督を退場処分としたが、今度はこれを不服とした観客から激しいブーイングが起きた。

結局、2回目のファウルは他のスタッフが身代わりとなり、監督の退場処分も撤回。だが、これをきっかけに両チームの間に不穏な空気が流れ始めた。そして、孫悦(スン・ユエ)選手がブラジル選手から悪意のあるファウルを受けた途端、殴る蹴るの攻防が開始。控えの選手も巻き込んだ大乱闘となり、武装警官まで出動する騒ぎに発展した。

乱闘のせいで、親善試合は20分も中断。その後、ブラジルチームは試合を放棄し、全員ロッカールームへと姿を消した。(翻訳・編集/NN)

関連記事

<点描・北京五輪>朝倉浩之の眼・中国女子ユース選手権で乱闘、40人が入り乱れ

中国サッカーで、残念ながら、もう「珍しくもなくなった」暴行事件がまた発生した。だが今回、少し穏やかではないのが、あの“やんちゃ”な五輪代表ではなく、ラフプレーの国家代表でもない。女子サッカーの国内選手権だというから驚いた。写真は03年のユース選手権。

Record China
2008年7月11日 6時54分
続きを読む

ランキング