Record China

ヘッドライン:

アカデミー賞外国語映画賞をめぐる争い、中国映画「唐山大地震」は苦戦か―中国メディア

配信日時:2010年9月30日(木) 20時52分
拡大
1/4枚
2010年9月29日、中国映画「唐山大地震」がアカデミー賞外国語映画賞部門にエントリーした。しかし、今年のエントリー作品はいずれも名作揃いとあって受賞は難しそうだ。捜狐娯楽が伝えた。

その他の写真

同作の監督フォン・シャオガン(馮小剛)氏は、「中国人向けの作品のため、外国人にとっては多くの場面が理解しづらいだろう」と語り、アカデミー賞受賞は難しいとの見方を示している。

また、この点を除いたとしても、さらなる強敵が立ちはだかっている。47か国から出そろった作品の中には、今年のベルリン国際映画祭で金熊賞(最優秀作品賞)を受賞したドイツ・トルコ合作映画「ハニー(Bal)」や、銀熊賞の審査員グランプリを受賞したルーマニア・スウェーデン合作映画「イフ・アイ・ウォント・トゥ・ホイッスル、アイ・ホイッスル(英題)」も含まれている。

同じ中華圏からも強力な作品が揃い踏み。香港からは「歳月神[イ兪](Echoes Of The Rainbow)」が、台湾からは「モンガに散る(MONGA)」がそれぞれ出品されているとあって、「唐山大地震」は苦戦を強いられそうだ。(翻訳・編集/八木)

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング