村民から愛された日本人女性が他界、中国人と同じ盛大な葬儀―中国

配信日時:2018年1月13日(土) 1時0分
村民から愛された日本人女性が他界、中国人と同じ盛大な葬儀―中国
画像ID  845698
10日、騰訊網によると、中国残留邦人として76年間中国で生活していた水崎秀子さんが先日亡くなり、住んでいた陝西省南部の村では住民挙げての盛大な葬儀が行われた。
2018年1月10日、騰訊網によると、中国残留邦人として76年間中国で生活していた水崎秀子さんが先日亡くなり、住んでいた陝西省南部の村では住民挙げての盛大な葬儀が行われた。

その他の写真

水崎さんは1929年福岡生まれ。13歳の時に親戚を頼って旧満州に渡り、現地で終戦を迎えた。その後、日本に戻ることなく、王玉蘭(ワン・ユーラン)という中国名で60年以上中国で生活した。

2002年、日本への帰国を望んで日本大使館に出向いたところ、すでに別の中国人女性が「水崎秀子」との認定を受けて日本に入国していたことが発覚。05年12月にようやく本物の「水崎秀子」であることが判明し、06年に64年ぶりに一時帰国した。

その後は中国に戻り、昨年9月には日本のパスポートを取得。しかし、身体の不調から再び日本に帰国することはかなわず、今年1月6日に88歳の生涯を終えた。10日の早朝、20人あまりの村人が代わる代わる水崎さんの棺を小さな山まで担ぎ上げ、夫が眠る墓に葬った。

記事によると、住んでいた陝西省商洛市の村には40歳過ぎで嫁いで来たというが、その温かい人柄で村じゅうから愛されていたという。また、水崎さんは「日本に帰るつもりはない」と語っていたものの、日本の小学校の卒業写真を見ては涙を流していたという。(翻訳・編集/川尻
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • pik***** | (2018/03/25 02:11)

    >「水崎秀子」の葬儀 中国の方々の配慮に対し「一日本人として御礼申し上げます」
    このコメントは非表示に設定されています。
  • アメポ***** | (2018/01/13 13:31)

    「自分自身の証明」ってのは難しいってよく聞くよね。戸籍もなく、写真とかの証拠も手元に無かったとしたら、自分だったらどうするだろうかと考える事もある。 村人に愛されていたというのであれば、それなりに幸せな人生だったのかもしれないが、望郷の念というものも少なからずあったのでしょね。 ご冥福をお祈り致します。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • たまて***** | (2018/01/13 01:45)

    >日本への帰国を望んで日本大使館に出向いたところ、すでに別の中国人女性が「水崎秀子」との認定を受けて日本に入国していたことが発覚。 在日連中が無理やり日本に連れて来られたと主張しているが、本当に無理やり連れ去るような国だったら嘘を吐いてまでその国に行きたがるような連中が居るんだろうか? 日本は1950年代から1984年にかけて『在日朝鮮人の帰還事業』を行って来たが、これだけ嫌われているのに未だに帰らず日本に寄生し生活保護で暮らしている迷惑な在日朝鮮人どもが沢山いる。日本が嫌いなんだったら反日運動ばかりしてないで日本から出て行けよ。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事