Record China

ヘッドライン:

<中国食品>腐った肉も、屋台の串焼きの“鮮肉”に変身=ある秘密の粉使えば―中国紙

配信日時:2010年9月22日(水) 18時0分
拡大
1/4枚
2010年9月22日、揚子晩報は記事「悪徳串焼き屋台が使う『肉柔らか粉』、腐った肉が新鮮な肉に変身=メディアが内幕を暴露」を掲載した。以下はその抄訳。

その他の写真

山東省青島市のメディアが悪徳串焼き店の手口を報じた。内幕を暴露したのは元店員。中国の屋台で売っている串焼き。安い値段の秘密は「肉柔らか粉」(中国語で嫩肉粉、松肉粉)と呼ばれる粉にあるという。ある調味料卸問屋を訪ねると、6〜7種類もの「柔らか粉」が並んでいた。値段は250グラムで4〜15元(約51〜190円)程度。レストランの肉のように柔らかくなるのかと問屋経営者に尋ねたところ、多くのレストランや屋台で使われているもので、効果は間違いないと太鼓判を押した。

この「柔らか粉」、主成分はタンパク質分解酵素のプロテアーゼだという。それ自体に問題はないが、腐肉を新鮮に見せるため大量に使用されていること、体内で発がん性物質に変わる亜硝酸塩を添付した新製品が登場していることなどの問題があるという。使用量に国家基準がないため、どんな肉にどれだけの量を使うかはシェフの良心に任されているのが実情だ。(翻訳・編集/KT)

関連記事

<中国食品>野菜を汚水に漬け重量水増し=悪徳農家の悪知恵―江蘇省南通市

4月、江蘇省南通市のネット掲示板に「驚きの光景!不良農家が野菜の重量を増すためにセロリを汚水に3時間漬けてから出荷」と題した書き込みが登場、話題を集めている。写真は08年12月、遼寧省瀋陽市で処分された、基準値を超す残留農薬が検出されたセロリ。

Record china
2010年5月5日 15時39分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング