Record China

ヘッドライン:

世界一魅力ある不動産市場は?中国がトップ、米国が2位に―米企業リポート

配信日時:2010年9月20日(月) 8時0分
拡大
1/2枚
2010年9月16日、米保険会社FCCIと大手会計事務所アーンスト・アンド・ヤングは合同で世界不動産市場に関するリポートを発表、中国が世界で最も魅力ある投資対象だと発表した。2位は米国、3位は英国、4位はシンガポールとなった。17日、中国経済網が伝えた。

その他の写真

中国不動産市場にはかねてより加熱の懸念が伝えられ、また今春から始まった価格調整政策により先行きは不透明感を増している。こうした問題を抱えながらも、中国不動産業は最もリターンの大きい業界であり、中国経済の将来性と金融緩和政策によりなおも魅力的な投資対象だと分析した。

中国と並ぶ成長を続けるインドは順位的には中位にとどまった。今年の値上がり幅が大きくないこと、外資による不動産開発認可には通常2年もの時間がかかるなど厳しい規制がかけられていることが順位を落とした原因だという。こうした問題さえクリアできれば、インドは中国をも越える不動産投資市場になると分析している。(翻訳・編集/KT)

関連記事

中国に日本流バブル崩壊は来ない=日本と違う投資家の行動パターン―中国紙

24日、中国の現在の不動産市況がバブル崩壊前夜の日本に酷似しているとの見方が広がりつつある中、中国紙は「日本とは金融システムが違う」と異論を唱えた。写真は10日、江蘇省南京市で開かれた新築マンション説明会。480戸に2千人以上の応募があった。

Record china
2010年4月26日 15時51分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング