Record China

ヘッドライン:

中国が東シナ海ガス田に機材搬入、日本政府は警戒強める―英メディア

配信日時:2010年9月17日(金) 18時43分
拡大
17日、中国が東シナ海のガス田「白樺」に掘削に使うドリルのような機材を搬入したことが分かった。日本政府は尖閣諸島沖での衝突事件と関わりがある可能性もあるとして警戒を強めている。写真は08年6月、同ガス田へ出発前の中国の海上巡視船「海巡31」。
(1/4枚)

2010年9月17日、中国が東シナ海のガス田「白樺(しらかば)」(中国名:春暁)に掘削に使うドリルのような機材を搬入したことが分かった。英BBC放送の中国語版ウェブサイトが伝えた。

その他の写真

岡田克也外相が同日の定例記者会見で明らかにした。中国側に問い合わせたところ、「修理のため」と回答したという。海上自衛隊のPC3哨戒機が数日前に撮影した航空写真で、中国の作業船が掘削に使うドリルのような機材を中国が建設した洋上施設に運び入れたことが判明した。

日本政府は、尖閣諸島沖で中国漁船と海上保安庁の巡視船が衝突した事件において強硬な態度を示す中国が、単独で同ガス田の開発を進めることにした可能性もあるとして警戒を強めている。日中両国は今月中旬に共同開発に関する条約締結交渉の第2回会合を予定していたが、日本側が中国人船長の勾留を決定したことを受け、中国側が延期を宣言していた。

関係筋によると、尖閣諸島沖での衝突事件後、中国は着々と同ガス田の施設建設を進めていた。中国の外交官は丹羽宇一郎駐中国大使との一連の会談で、同ガス田の主権は中国にあり、開発・生産計画も中国側が独自に決定すると繰り返し強調していたという。(翻訳・編集/NN)

関連記事

日中首脳会談、東シナ海共同開発で条約締結交渉合意―中国メディア

31日、中国の温家宝首相が鳩山由紀夫首相と会談を行った。東シナ海ガス田共同開発問題について条約締結交渉を進めることや、哨戒艦沈没事件に絡み、今後は両国防衛部門による海上救援体制を敷くことでも合意した。写真は東シナ海・上海沖の海上風力発電所。

Record China
2010年5月31日 16時46分
続きを読む

尖閣問題で高まる反日感情、「日本企業や日本人を守る」考えを明言―中国外交部

16日、尖閣諸島沖での衝突事件を受け、中国国内で反日感情が高まる中、中国外交部の姜瑜報道官は定例記者会見で、「中国の関係部門が引き続き日本人の安全を守ることを信じる」との考えを示した。写真は16日、北京・王府井に登場した特別警察隊。

Record China
2010年9月17日 10時28分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング