<中華経済>102歳の老劇場が復活、10月下旬に本格オープン―大連市

配信日時:2010年9月8日(水) 7時0分
<中華経済>102歳の老劇場が復活、10月下旬に本格オープン―大連市
画像ID  260108
7日、102年の歴史を持ち、京劇の上演で知られる大連市の老舗劇場「人民劇場」が10月下旬に、「宏済大舞台」の名称でリニューアルオープンする。
2010年9月7日、102年の歴史を持ち、京劇の上演で知られる大連市の老舗劇場「人民劇場」が10月下旬に、「宏済大舞台」の名称でリニューアルオープンする。東北新聞網が伝えた。

劇場は1908年に建設され、大連市の重要保護建築物に指定されている。これまでに何度も名称が変わったが、1963年に「人民劇場」に改称。大連京劇院が公演を行っていたが、老朽化によって1990年代に閉場された。2009年に改築工事が始まり、建物の正面部分を残してすべてを取り壊し、再建作業が進められていたが、9月中旬にも完成する予定。

新しく生まれ変わった劇場は地下1階、地以上3階建て。1階の舞台には450人を収容でき、2階には個室が5部屋ある。

10月1日の国慶節(中国の建国記念日)に伴う連休期間中に、大連京劇院が試験公演を行い、10月下旬に本格運営を始める。(翻訳・編集/東亜通信)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事