Record China

ヘッドライン:

ビビアンも資金援助!映画「セデックバレ」、史上最高ヒット更新に挑戦―台湾

配信日時:2010年9月8日(水) 0時38分
拡大
6日、話題の台湾映画「セデックバレ(賽徳克・巴莱)」がクランクアップを迎え、魏徳聖監督がインタビューに答えた。
(1/6枚)

2010年9月6日、話題の台湾映画「セデックバレ(賽徳克・巴莱)」がクランクアップを迎え、魏徳聖(ウェイ・ダーション)監督がインタビューに答えた。新浪網が伝えた。

その他の写真

映画「セデックバレ」は、2008年に「海角七号/君想う、国境の南」で、台湾映画史上最高のヒットを飛ばしたウェイ監督の最新作。台湾の原住民による最大の抗日蜂起事件「霧社事件」を描くもので、出演している人気女優ビビアン・スーが、資金不足に悩む同作のため自腹を切ったことでも話題を集めている。

予定より2か月長く、10か月におよぶ撮影を終了したウェイ監督は、資金不足をはじめとして、撮影のほとんどを占める野外ロケで続いた天候との戦いなど、製作過程では問題が山積みで、「いつも崖っぷちにいるようだった。毎日のように死にたかった」と心境を告白。何か月も報酬なしで働いてくれたスタッフにも、感謝の言葉を述べていた。

台湾をはじめ韓国や日本から集めたスタッフは総勢400人、出演者は1万5000人と、台湾映画としてはまれに見る規模の大作。製作費は前・後編を合わせて6億台湾ドル(約16億円)にのぼるが、興行成績で13億台湾ドル(約34億円)を達成すれば採算がとれるという。台湾映画史上最高のヒットとなった前作「海角七号/君想う、国境の南」では、5億3000万台湾ドル(約14億円)を達成したウェイ監督だが、最新作では前・後編それぞれ6億5000万台湾ドル(約17億円)を稼ぎ出す使命を与えられたことになり、戦いはまだまだ続きそうだ。(翻訳・編集/Mathilda

関連記事

日本公開間近!台湾映画No1ヒット「海角七号/君想う、国境の南」、無名の新人監督はどんな人?

あのホウ・シャオシェン監督も絶賛したという映画「海角七号/君想う、国境の南」。日本でも12月の公開が決まったこの作品は、それまで無名だった新人監督が、わずかな製作費で作り上げた台湾映画史上最大のヒット作である。写真はウェイ・ダーション監督。

Record China
2009年11月14日 11時7分
続きを読む

ランキング