Record China

ヘッドライン:

中国の不動産価格、加熱抑制策の実施後も高止まり=政府、政治的必要から抑制の態度崩さず―米誌

配信日時:2010年9月7日(火) 19時4分
拡大
6日、中国政府が不動産市場の加熱抑制策を発動した4月以降も、中国の大都市などにおける不動産価格は下がっていない、と米誌が指摘した。写真は天津市のマンション。
(1/2枚)

2010年9月6日、米誌ウォール・ストリート・ジャーナル中国語版は、中国政府が不動産市場の加熱抑制策を発動した4月以降も、中国の大都市などにおける不動産価格は下がっていない、と指摘した。

その他の写真

中国政府は苦境に立たされている。最近の政府関係者の発言からも、たとえそれが中国の経済成長率を引き下げ、ディベロッパーからの不満を噴出させるとわかっていてもなお、政府は不動産価格抑制の態度を崩さないとみられている。「それは政治的必要からきている」と記事は指摘。昨年1年間に不動産価格がさらに大幅な上昇をみせたことで、一般市民は住宅を持つことがさらに難しくなっており、ここで抑制の手を緩めれば政府は求心力を失いかねない。

今年4月、中国政府は住宅ローン金利と頭金割合の引き上げ、非居住地の不動産購入に対する制限措置、低所得者向け住宅建設などの政策を実行、一時期待された効果が現れていた。だが8月、調査された30の大都市のほとんどで、前月比で価格が上昇しており、首都の北京市ではその上昇幅が12.3%にもなった。中国共産党の機関紙・人民日報の先週の社説も、「不動産価格は依然高止まりし下落の兆候はみられない。抑制政策の効果は一般市民の願いにほど遠い」と指摘している。(翻訳・編集/津野尾)

関連記事

<コラム「巨象を探る」>最大の課題は不動産バブルと所得格差―GDP世界2位に躍り出た中国

順調な高度成長軌道をたどり、2010年4〜6月期に国内総生産(GDP)で日本を抜いて世界第2位の経済大国に躍り出た中国経済だが、最大の課題は不動産バブルと格差問題。深刻な影を落しているその実態を探った。写真は上海市のマンション群。

八牧浩行
2010年8月23日 5時58分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング