<中華経済>貿易の人民元決済各地で始まる、外銀が積極展開―中国

配信日時:2010年9月3日(金) 17時35分
<中華経済>貿易の人民元決済各地で始まる、外銀が積極展開―中国
画像ID  259776
3日、スタンダード・チャータード銀行(中国)有限公司大連支店は、大連市で、外国企業向けに人民元建て決済用口座を開設したと発表した。
2010年9月3日、スタンダード・チャータード銀行(中国)有限公司大連支店は、大連市で、外国企業向けに人民元建て決済用口座を開設したと発表した。貿易の人民元建て決済が大連でも認められた後、専用口座を開設する外銀は同行が初めてという。地元メディアが伝えた。

HSBC(中国)有限公司大連支店も26日、貿易人民元決済サービスを、市内の貿易会社に対し実行した。同サービスを実行したのは、外銀で初めて。HSBC(中国)は、中国本土の17支店でこの業務の取り扱いを行っており、外銀では最も広域だ。

英フィナンシャルタイムスによると、2行は、人民元決済で手数料の値引きなどによる優待サービスを用意したり、HSBCは首席執行者(COO)をロンドンから香港に移転させるなど、積極的に貿易決済サービスに取り組んでいる。

貿易における人民元建て決済試行エリアの拡大に伴い、7月から同市でも取り扱いが始まった。(翻訳・編集/東亜通信)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事