Record China

ヘッドライン:

<中華経済>アジア最大スパコン工場が稼動―天津市

配信日時:2010年9月3日(金) 6時26分
拡大
2010年9月2日、天津曙光計算機産業有限公司副総裁の裘效柯氏は、同社の第2期工場が完成して生産を始め、アジア最大のスーパーコンピューター生産基地となったことを明らかにした。捜狐新聞が伝えた。

同社が独自に開発製造した演算能力毎秒100兆回以上のスパコン「曙光5000A」の大量生産を開始、実測値で演算能力1000兆回のスパコン「星雲」は、国家超級計算深センセンターに出荷された。

新たに建設された工場は、敷地面積4万平方メートル、建物面積は2万平方メートル、年間設計生産能力はPCサーバー50万台とHRCサーバー2000セットという。

曙光公司は1995年に成立し、科学技術部、信息産業部、中国科学技術院の支持を受け、国が開発した科学技術の成果を基礎に発展してきた。2006年7月、天津浜海高新技術産業開発区内に曙光計算機産業基地を設立した。1期の年間生産能力はサーバー10万台。2007年9月に2期工事が始まった。(翻訳・編集/東亜通信)

関連記事

<北京五輪・関連>人海戦術とハイテクの融合芸術=開会式の立役者はコンピューター―中国

2008年8月9日、IT情報ポータルサイト・駆動之家は北京五輪開会式を支えたコンピューターシステムについて伝えた。観客を圧倒した光の芸術はウインドウズXPEmbeddedを利用したシステムで運用されていたという。写真は北京五輪開会式。

Record China
2008年8月10日 16時17分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング