外国人が選んだ中国都市イメージランキング、首位は「上海」―中国

配信日時:2010年9月1日(水) 7時33分
外国人が選んだ中国都市イメージランキング、首位は「上海」―中国
画像ID  259392
30日、外国人から見たイメージが最も良い中国の都市は、上海であるという調査結果が発表された。写真は都市の「個性」で首位にランクした浙江省杭州市。
2010年8月30日、外国人から見たイメージが最も良い中国の都市は、上海であるという調査結果が発表された。31日付で銭江晩報が伝えた。

その他の写真

調査は、新華社系の雑誌「瞭望東方週刊」や復旦大学国際公共関係研究センターなどが共同で主催。中国本土の各都市の「文化」「環境」「治安」「市民の素養」「投資価値」「国際化の程度」など12項目について点数を付けた。首位は上海、2位は北京、3位は成都(四川省)と南京(江蘇省)で、杭州(浙江省)、寧波(浙江省)、西安(陝西省)、長沙(湖南省)、昆明(雲南省)、長春(吉林省)がこれに続いた。

上海は「都市全体の印象」「投資価値」「信用度」など、北京は「文化」「環境」「便利さ」などで、それぞれ最高点を獲得した。杭州は「個性」、寧波は「潜在力」、南京は「市民の素養」で1位を取った。

中国各都市の国際イメージに関する調査は今回が初めて。調査期間は今年4月〜7月。回答者は、対象都市に過去1カ月以上滞在したことがある外国人7980人。この結果に都市競争力や外国人在住者数などのデータを加味し、ランク付けした。(翻訳・編集/NN)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事