<レコチャ広場>中国はGDPで日本を抜くために高い代償を支払った

配信日時:2010年8月19日(木) 16時9分
<レコチャ広場>中国はGDPで日本を抜くために高い代償を支払った
画像ID  258055
17日、中国人ブロガーの葉檀さんの記事「中国はGDPで日本を超えるために高い代償を支払った」が中国のブログサイトに掲載された。写真は廃品回収所で段ボールを整理する出稼ぎ労働者。
2010年8月17日、中国人ブロガーの葉檀(イエ・タン)さんの記事「中国はGDPで日本を超えるために高い代償を支払った」が中国のブログサイト・網易博客に掲載された。以下はその内容。

その他の写真

中国の今年第2四半期の国内総生産(GDP)が米ドル換算で日本を追い抜き、世界第2位に躍り出た。確かにこれは非常に意義深いことだが、中国が「強い国、富める民」という目標を達成したとは言えない。

経済協力開発機構(OECD)の元エコノミスト、アンガス・マディソン教授の著書によれば、購買力平価(PPP)から見た場合、中国は17世紀末から19世紀初頭までかなりの経済大国だった。1700〜1820年で見ると、中国のGDPは世界1位、世界総計に占める割合も22.3%から32.9%に増加している。だが、1人あたりGDPは決して高くはない。著名な経済学者、Paul Bairoch氏によると、1840年の中国人の1人あたりGDPは206ドル、対して英国は447ドル、フランスは310ドル、日本は178ドルだった。

中国の弱点が1人あたりGDPであることは今も昔も変わらない。今のところ、中国は日本のわずか10分の1だ。中国のGDPが増大したのは、「質より量」を優先した結果に過ぎない。今こそ、経済発展の裏で支払われた代償――環境汚染、長江源流の沙漠化、黄河源流の枯渇、異常気象、遺跡の破壊などについても目を向ける必要があるだろう。中国のGDPは、政府の強力な主導のもと、そして資源の枯渇や環境汚染、貧富の差という代償のもとに成長してきたのだ。

浮かれてばかりいないでゆっくり考えてみよう。どのような発展モデルが中国経済の未来に有利なのか。そして、中国がしっかりと責任を果たす大国であることを世界に示そう。自国の前途、自国民の福祉、自国の環境に責任を持つ政府でなければ、国際社会に貢献できるとは言えない。残念ながら中国は清朝に入ってから、経済的にも文化的にも世界への貢献度が落ちている。世界第2位にまで返り咲いた今、中国は再び世界に活力を与える国になるべきだろう。(翻訳・編集/NN)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事