【募集中】韓国語社内スタッフ

チャン族(羌族)

配信日時:2006年5月7日(日) 23時53分
チャン族(羌族)
画像ID  27838
民族衣装を着たチャン族の女性。
◆人口/人口は30万6072人。

◆地域/主に四川省阿はチベット族・チャン族自治州およびその付近の地区に居住しており、特に茂汶チャン族自治県に集中している。その他は漢、チベット、回などの民族とともに暮らしている。

◆言語/チャン語を使い、この言葉は漢・チベット語系、チベット、ミャンマ語族、チャン語派に属する。南北の2種類の方言があり、一つの方言は5つの地方の言葉に分かれている。チャン族の人たちのほとんどは漢語に通じている。チャン族には自民族の文字がなく長年、漢語の文字を使っている。

◆宗教/チャン族の人たちは昔から万物に霊魂があるとする原始宗教を信仰してきたが、チベット族の人たちと一緒に暮らしている少数のチャン族の人たちはラマ教を信仰している。

◆歴史・文化/チャン族は中国における悠久な歴史を持つ民族の一つである。甲骨文字の資料の中には、早くも3000年前の殷の時代のチャン族に関する記載があり、主に中国の西北部と中原地区に住んでいたということである。唐の時代に、チャン族の一部はチベット族に同化され、また一部の人たちは漢族に同化された。◇現在、四川省西北部に住んでいるチャン族の人たちは古代チャン族の一分支である。◇チャン族の人たちは自分たちのことを「爾瑪」、あるいは「爾」と称し、「地元の人」という意味である。◇トウモロコシ、大豆を主とする農業に従事している。チャン族の人たちの生活しているところは山峰が幾重にも重なりあい、河川が縦横に流れており、またここはパンダとキンシコウの主な生息地でもある。◇新中国成立後、民主改革、社会主義改造および改革開放の洗礼を経て、長い歴史をもつこのチャン族は、活力をよみがえらせた。農業生産をはじめ、その他さまざまな業種において大きな発展を遂げている。特に水利施設、上水道と電力などの事業が大いに発展し、彼らの住んでいる山間地帯には、小型水力発電所があちこちに建設されている。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事