今度は「国家イメージCM」を世界に発信、10月の国慶節に合わせ―中国

配信日時:2010年8月4日(水) 7時11分
今度は「国家イメージCM」を世界に発信、10月の国慶節に合わせ―中国
画像ID  256409
3日、中国が10月1日の国慶節(建国記念日)に合わせ、世界中に「国家イメージCM」を放映する計画を進めていることが分かった。写真は米MBAの中国人選手、姚明。
2010年8月3日、中国が10月1日の国慶節(建国記念日)に合わせ、世界中に「国家イメージCM」を放映する計画を進めていることが分かった。中国広播網が伝えた。

その他の写真

中国国務院新聞(報道)弁公室(国新弁)が昨年11月から準備を開始。30秒の「テレビCM用」と15分の「特別編」の2本が制作される。コンセプトは「現代中国の姿を知ってもらおう」。世界的な金融危機の中、独り勝ちしている中国を悪者扱いしたり、人民元や地球温暖化問題などで何かと難癖をつけて来たりする各国に対し、その誤解を解くために積極的にソフトパワーを発信していきたいとしている。同プロジェクトの総合プロデュースを担当する朱幼光(ジュー・ヨウグアン)氏が明らかにした。

30秒のイメージCMには、米MBAの姚明(ヤオ・ミン)選手や有人宇宙船「神舟」の乗組員計6人ら中国各界の著名人50人が出演し、祖国のイメージ向上に一役買う。15分の「特別編」はより具体的で、例えば桂林の鵜飼いの場面に戦国時代の儒学者・孟子の言葉「不涸澤而漁、不焚林而猟」(目の前の利益のために長期的な利益をおろそかにしない)がナレーションで入り、中国は昔から環境保護や持続可能な開発を心掛けてきたとアピールするといった具合だ。

中国はこれに先立ち、昨年11月から中国商務部の指導の下、米CNNなどを通じて「メイド・イン・チャイナは世界各国と手を取り合い、人々に高品質の製品を提供している」と謳った中国製品のイメージCMも放映している。(翻訳・編集/NN)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事