プミ族(普米族)

配信日時:2006年5月7日(日) 23時54分
プミ族(普米族)
画像ID  27834
◆人口/人口は3万3600人。

その他の写真

◆地域/主に雲南省の蘭坪、麗江、維西、永勝などの県と寧ろうイ族自治県に居住しており、その他は四川省の木里チベット族自治県と塩源県に居住している。

◆言語/プミ語を使い、この言葉は漢・チベット語系、チベット・ミャンマー語族、羌語派に属する。南と北の2種類の方言があるが、その違いは大きい。プミ族はかつてはチベット語の文字を使用したこともあるが、あまり普及しなかったので、現在は漢語の文字が通用している。

◆宗教/プミ族のほとんどは万物に霊魂があるとする原始宗教を信仰し、その他はラマ教と道教を信仰している。

◆歴史・文化/プミ族はその居住地区によってそれぞれの呼称があり、雲南省の蘭坪、麗江、永勝に住んでいる人たちは自分たちのことを「普英米」と称し、寧ろう町の人たちは「普日米」あるいは「培米」と称し、これは「白人」という意味である。漢語の史籍では西番あるいは巴苴と称されている。新中国成立後の1960年に、この民族の要望に基づき、統一的にプミ族と名づけられた。プミ族はもともと青海・チベット高原に住み、青海、甘粛および四川周辺の遊牧部落であったが、西暦7世紀前に現在の四川南西部地区に移駐し、西昌地区の主な民族の一つとなり、漢族・チベット族などの民族と緊密に行き来している。元朝の頃に、プミ族の一部の人たちは蒙古の軍隊と共に雲南省の?西地区に入り、そこで発展し、成長をとげてきた。プミ族は主に農業に従事し、90%以上の土地が山間地帯にあるうえに、生産様式が立ち後れていたため、生産は発達していなかった。新中国成立後、特に1988年に、蘭坪ペー族・プミ族自治県が設立した後、各方面で大きな発展を遂げている。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事