青木ケ原樹海で自殺者の遺体撮影した米国人ユーチューバー、過去にも日本で数々の迷惑行為!中国ネットの反応は…

配信日時:2018年1月11日(木) 14時0分
米国人ユーチューバー、過去にも日本で迷惑行為=中国人の反応は?
画像ID  830757
7日、中国の動画メディア・梨視頻は、山梨県の青木ケ原樹海に立ち入って自殺者の遺体を撮影した動画をYouTubeに公開して批判を浴びている米国人ユーチューバーが日本で起こした迷惑行為の数々をまとめた動画を微博上で公開した。写真は微博より。
2018年1月7日、中国の動画メディア・梨視頻は、山梨県の青木ケ原樹海に立ち入って自殺者の遺体を撮影した動画をYouTubeに公開して批判を浴びている米国人ユーチューバーが、過去に日本で起こした迷惑行為の数々をまとめた動画を微博(ウェイボー)に投稿した。

動画では、米国人ユーチューバーのローガン・ポール氏が日本滞在中、購入したゲームボーイを故意に破損させたうえで店主にクレームをつけたり、ピカチュウの着ぐるみを着て繁華街に出現し、モンスターボールのクッションを市民に投げつけたり、街中でズボンを脱いだりする様子が映っている。

さらに、築地市場で走行中のフォークリフトの上に乗ったり、走行中のトラックによじ登ったり、渋谷の繁華街で生のサバと酢ダコを持って暴れたりする様子、そして青木ケ原樹海で遺体を撮影する様子も紹介されている。

中国のネットユーザーからは「国内外を問わず、こういう知能の足りない若者がいる。自分の悪意をジョークと解釈するのだ」「伝説に残るレベルの愚か者」「バカなヤツに国境はないな」といった声や、「これがまさに米国人だ」「これはアジア人を侮辱する行為」といった批判コメントが相次いだ。

また、「彼の昔の動画はとてもおもしろくて才能があるなと思っていた。どうしてこんなバカになっちゃたのか」と残念がるユーザーもいた。一方で、いたずらをされた日本人の反応が薄いことについて、「中国に来てやってみろ。きっと最初のいたずらでフルボッコにされる」「彼はきっと中国に来る勇気はないだろう」との感想も出ている。(翻訳・編集/川尻
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事