Record China

ヘッドライン:

見た目は汚いのに病気にならないのはなぜ?米国人が見た中国レストランの不思議―中国紙

配信日時:2010年7月18日(日) 12時26分
拡大
16日、環球網は記事「米国人がわからないこと=中国のレストランはあんなに汚く見えるのになぜおなかを壊さないのか」を掲載した。写真は上海万博会場内のレストラン。
(1/2枚)

2010年7月16日、環球網は記事「米国人がわからないこと=中国のレストランはあんなに汚く見えるのになぜおなかを壊さないのか」を掲載した。以下はその抄訳。

その他の写真

欧米人として、中国の第一印象は「汚い」というものだった。特に食事はひどい。中国の市場を見ると、豚肉は一日中、売り場の上に投げ出されている。冷凍も包装もされていない。野菜も汚らしく地べたに置かれており、間近に腐った野菜が山と積まれている。そこを飛び交うのは無数のハエや虫。レストランはさらに絶望的だ。床は汚く、食器も古く錆びている。厨房はと言うと、肉も野菜も同じまな板で切っている。欧米の基準からいえば、とても衛生水準を満たしているとは言えない。

なんでこんなことになっているのだろうか。私は3つの理由があると思う。第一に中国は途上国で、冷蔵庫の普及が遅かったこと。第二に米国人が過度に衛生を不安視していること。人間の体には免疫システムがあるのだ。食品の衛生は重要だが、米国はやりすぎなのだろう。そして最も強調したいのが第三のポイント。中国の伝統的調理方法は欧米よりも衛生的だということ。5000年近い歴史を持つ中国社会だが、近代的な衛生技術は備えていなかった。そのために飲食文化は衛生面で独自の特徴を備えるにいたったのだろう。

いくつか例を挙げよう。中国人は手で食材を触ることが少ない。ピーナッツのようなものでもはしで食べるのだ。北京ダックを売るファーストフード店では使い捨ての手袋を渡され、直接手で触らないように気をつけている。こうすることで細菌を体内に入れないよう注意しているのだ。

また中国では野菜は必ず加熱調理して食べる。ほとんどの中国人は生の野菜を食べない。肉の食べ方にも工夫がある。一切れが大きな欧米と違って、中華料理では肉は小さく切られている。火が通りやすくなって衛生的だ。中国の厨房は汚いが、料理は必ずよく火を通し、細菌を殺しているのだ。

私は中国に3年間滞在したが、一度もおなかを壊したことがない。米国では年に1、2回はおなかを悪くする。食品の衛生管理がなっていない環境の下で胃腸の病気は増えるのだろうか。私の中国滞在経験は異なる答えを示している。(翻訳・編集/KT)

関連記事

ランキング