Record China

ヘッドライン:

マックの「シリコンゴム事件」に注目集まる=中国店も使用、ただし「国家基準の範囲内」―中国

配信日時:2010年7月8日(木) 10時46分
拡大
2010年7月、マクドナルド中国は「マックナゲット」からPDMSとTBHQが検出された問題について回答、中国の基準に則した添加物で、健康被害の恐れはないとコメントした。写真は中国のマクドナルド店舗。
(1/4枚)

2010年7月、マクドナルド中国は「マックナゲット」からシリコンゴムの一種である消泡剤・ポリジメチルシロキサン(PDMS)と酸化防止剤・ターシャリーブチルヒドロキノン(TBHQ)が検出された問題について回答した。

その他の写真

先日、米CNNは米国で販売されている「マックナゲット」からPDMSとTBHQが検出されたと報じた。これらの添加物は英国販売分には含まれていないという。6日、マクドナルド中国は、中国製造分ではこれら2種類の添加物を使用していると認めたが、国家基準を順守しており、健康被害の恐れはないと表明した。

人気ブランド・マクドナルドの問題に中国メディアも注目している。7日付上海商報は記事「衛生食品監督部門はいかにマクドナルドの『シリコンゴム事件』と向き合うのか」を掲載。中国で製造された食品の添加物問題が、自国ではなく米国で発見されたことを嘆いた。

「『シリコンゴム事件』で速やかな対応を求められているのは、マクドナルドだけではない。当局も消費者に明確な答えを返すべきだ」と同紙は指摘。添加物問題が米国で表沙汰になったのは、メディアを含む社会の監視能力の高さを示すものだとして、中国の食品行政と中国市民は今回の事件を啓発の契機にするべきとしめくくっている。(翻訳・編集/KT)

関連記事

<中国食品>野菜を汚水に漬け重量水増し=悪徳農家の悪知恵―江蘇省南通市

4月、江蘇省南通市のネット掲示板に「驚きの光景!不良農家が野菜の重量を増すためにセロリを汚水に3時間漬けてから出荷」と題した書き込みが登場、話題を集めている。写真は08年12月、遼寧省瀋陽市で処分された、基準値を超す残留農薬が検出されたセロリ。

Record China
2010年5月5日 15時39分
続きを読む

仏TV局、中国系食品産業は「不潔」と報道=華人社会は不公正と反発―中国メディア

2009年3月19日、仏テレビ局・France2は仏国内の中華レストラン、食品店の衛生環境が劣悪であるとのニュースを報じた。20日、在仏中国大使館に外食産業代表、華人社会代表らが集まり、同テレビ局への抗議を表明した。写真は北京市内の無認可飲食店。

Record China
2009年3月25日 13時17分
続きを読む

ランキング