Record China

ヘッドライン:

「ユーロスターと同レベル」外国人も絶賛の世界最高速新路線が開通―中国

配信日時:2010年7月4日(日) 18時19分
拡大
2日、東方早報は1日に開通した上海・南京間高速鉄道に関する記事を掲載した。飛行機のような高品質のサービスへの評価は上々、あるフランス人旅行客は「ユーロスターと同レベルだ」と絶賛した。写真は開通初日の上海・南京間高速鉄道。
(1/8枚)

2010年7月2日、東方早報は1日に開通した上海・南京間高速鉄道に関する記事を掲載した。飛行機のような高品質のサービスへの評価は上々、あるフランス人旅行客は「ユーロスターと同レベルだ」と絶賛した。以下はその抄訳。

その他の写真

1日に開通した上海・南京間高速鉄道の総営業距離は301キロ。最高時速350キロで結ばれる。同路線の開通により、中国の高速鉄道路線は累計7000キロ弱に達した。うち北京・天津、武漢・広州、鄭州・西安、上海・南京の4区間計1995キロは時速350キロの世界最速区間となっている。

上海発の第一便に乗り合わせたのはフランス人のオリバー・シャンプさん。乗務員から入れ立ての龍井茶をもらってにっこり。「ヨーロッパでTGVにも、ユーロスターにも乗りましたが、今日乗った和階号(中国高速鉄道の通称)も同じレベルです」と絶賛していた。玉にきずだったのが駅でのこと。案内板がわかりにくく、外国語の注意書きが少なかったのに困ったという。(翻訳・編集/KT)

関連記事

ランキング