Record China

ヘッドライン:

中国のイメージは「迷信的」「拝金主義」「安定志向」―米誌

配信日時:2010年7月2日(金) 14時13分
拡大
25日、米誌は「中国のイメージ」と題した記事で、中国人は「迷信的」「拝金主義」「安定志向」だと論じた。写真は08年10月、河北省石家荘市高邑県内の道路真ん中に置かれた退役戦闘機。同県委書記が「風水」を理由に置かせたものだった。
(1/4枚)

2010年6月25日、米誌フェデラル・コンピューター・ウィークは「中国のイメージ」と題した記事で、中国人は「迷信的」「拝金主義」「安定志向」だと論じた。30日付で環球時報が伝えた。以下はその内容。

その他の写真

中国という国は知れば知るほど難解だ。特に理解に苦しむのは風水、食事療法、縁起を担ぐなどの風習。西安の某大学の非常に近代的なビルに大きな穴が開けられていたが、これも風水によるものだった。また、中国メディアによると、ある地方の役人が湖の名前を「縁起が悪い」という理由で変えてしまった。どうやらもとの名前は「失脚」と似た名前だったらしい。また、別の役人は収賄罪で捕まった時、「占いの先生は捕まる確率はほとんどないと言っていたのに」と悔しがったとか。

なぜ人々はこれほどまでに迷信に走るのか。それは、今の中国社会に確固たる価値観が存在しないからだろう。中国には伝統的なマルクス主義思想と拝金文化が共存しているのだ。ある時、大学生たちに「将来はどんな仕事に就きたいか」と聞いてみたところ、ほとんどが「国有企業」だと答えた。その理由は、待遇が良くて安定しているから。筆者は、これが米国を脅かすほどの存在である中国という国の若者なのかと驚いた。だが、国有企業はコネがないと入れないと彼らはぼやいていた。

昨年、台湾に行った時、学生たちはオバマ大統領を「カッコいい」と言っていた。上海でもつい先日、ある高級住宅街に「オバマ娯楽センター」と書かれた看板が掲げられているのを見つけたばかりだ。ブランド好きの中国人。彼らにとっては「オバマ」も立派なブランドなのだろう。(翻訳・編集/NN)

関連記事

69%が「お金は成功の証」、中国人はなぜここまで拝金主義なのか?―中国メディア

22日、中国の大手ポータルサイト「騰訊網」は中国人の69%が「お金は成功の証」と考えている現状について、中国は古くから「金=権力=地位」だったことが原因の1つだと論じた。写真(右)は中国で「拝金女」の代表格と言われているタレントの馬諾(マー・ヌオ)。

Record China
2010年6月25日 22時20分
続きを読む

<早分かり>いまだ残る迷信・邪教?!風水・シャーマン・占いなど根強い民間文化―中国

2007年12月、中国の住宅街を歩くと、しばしば壁新聞に「迷信邪教を打破せよ」といった壁新聞を見かける。社会主義国家として60年近い歴史を持つ中国だが、いまだに民間宗教・文化は強い力を有している。写真は福建省にある古民家。

Record China
2007年12月17日 15時47分
続きを読む

ランキング