Record China

ヘッドライン:

アジア最大なるか?大規模ガス田を発見―重慶市

配信日時:2010年6月29日(火) 20時18分
拡大
27日、中国石油化工集団は重慶市梁平県で高産出の天然ガス田を発見したと発表した。1日当たりの産出量は51.7万立方米と推算されている。写真は中国最大の普光ガス田。
(1/4枚)

2010年6月27日、中国石油化工集団(シノペック)は重慶市梁平県で高産出の天然ガス田を発見したと発表した。1日当たりの産出量は51.7万立方米と推算されている。中国広播ネットの報道。

その他の写真

同集団が重慶地区で発見する初の大規模天然ガス田は、アジア最大のものになるとの見方も。系列の中石油勘探南方分公司が09年3月、同県南部から四川省東南部にかけて発見した。四川省北東部にある中国最大の普光ガス田とも環境条件が似通っていたことから調査を開始。09年12月に掘削を開始している。

総埋蔵量はまだ定かではないが、同集団の専門家によると、6000億立方米規模の普光ガス田を超え、アジア最大のものである可能性もあるという。(翻訳・編集/愛玉)

関連記事

<ガス田>日本との共同開発は「自殺行為」、民間団体が猛反発―中国

24日、中国の「民間保釣(尖閣諸島防衛)連合会」がウェブサイトで、中国が日本と東シナ海ガス田の共同開発に合意したことを抗議する「中央軍事委員会宛ての公開書信」を掲載し、サイトの閉鎖処分を受けていたことがわかった。写真は08年2月、中国海軍の演習。

Record China
2008年6月25日 12時35分
続きを読む

ランキング