Record China

ヘッドライン:

世界平和指数ランキング、日本3位、中国はBRICsトップの80位―英研究機関

配信日時:2010年6月11日(金) 14時4分
拡大
8日、英国の経済平和研究所が発表した世界平和指数(GPI)の2010年度版ランキングで、日本が3位にランクインした。中国は80位でBRICsの4か国中トップだった。写真は1日、北京市内を警備中の特別警察総隊「藍剣突撃隊」。
(1/4枚)

2010年6月8日、米華字紙・僑報によると、英国の経済平和研究所(IEP)が発表した世界平和指数(GPI)の2010年度版ランキングで、日本が3位にランクインした。中国は80位でBRICs(ブリックス)の4か国中トップだった。10日付で新華網が伝えた。

その他の写真

ランキングは世界149の国・地域を対象に内政、外交、軍事、治安など23項目について評価したもの。総合1位はニュージーランド、2位はアイスランド、3位に日本が入った。4位以下はオーストラリア、ノルウェー、アイルランド。IEPは、世界の平和指数は2年連続で悪化しており、多くの国で犯罪が増加していると指摘した。

反対に平和指数が最も低かったのはイラクで、ソマリア、アフガニスタン、スーダン、パキスタン、イスラエルがこれに続いた。BRICs(ブリックス)の4か国では、中国が80位でトップ。ブラジルは83位、インドは128位、ロシアは143位だった。中国は軍事費や武器の輸出入、犯罪率などで評価が比較的高かった。米国は85位で、主要先進国の中で最下位だった。(翻訳・編集/NN)

関連記事

環境を意識した消費行動ランキング「グリーンデックス」、インドが首位、中国が3位―米国

5日、環境を意識した消費行動がどれだけ取れているかを評価する「グリーンデックス2010」が、米ナショナルジオグラフィック協会により発表された。写真は5日、「地溝油」と呼ばれるリサイクル食用油から石鹸を作るイベントを開催した北京林業大学の学生。

Record China
2010年6月8日 23時31分
続きを読む

ランキング