Record China

ヘッドライン:

人柄が一番!日中国際結婚・中国人女性が結婚に求めることに変化

配信日時:2010年6月7日(月) 18時0分
拡大
中国人女性が一番重視するのは、日本人男性の人柄、心の温かさ。写真は、日本人男性との結婚を夢見て、「中国女性専門紹介サイトAsian」に登録している女性会員。
(1/8枚)

2010年6月7日、日中の国際結婚カップルは年々増加の一途をたどっている。厚生労働省発表「人口動態統計」によると、中国人と日本人のカップルの数は、2000年以降、毎年1万人以上に達している。

その他の写真

以前は、日中間での結婚のイメージというと、「嫁不足に悩む農村部などの日本人男性のところに、貧困層の中国人女性が、お金のために嫁ぐ」という悲しいものだったが、現在、その構図は崩れつつある。

「中国人女性が結婚において、日本人男性に求めること」を尋ねたところ(中国女性専門紹介サイトAsian2010年5月実施 アンケート)

1位 「性格や人柄」

2位 「相性やフィーリング」

3位 「年齢差」

4位 「外見」(次いで、「収入」、「職業」…)

この様に、日本人女性が結婚において重視するポイントとほぼ同じである。一昔前のように男性の収入が大きな判断基準ではなく、男性本人の人柄、心の温かさを重視する傾向が強まっているという。

中国の近年目覚ましい経済成長に伴い、お金で結ばれるような結婚は減り、心の繋がりを重視した結婚が求められるようになってきている。このように、日中間の国際結婚熱が高まっている中、それに便乗して、悪徳業者による、中国人女性斡旋に関する深刻なトラブルも報告されている。

三重県鈴鹿市の男性が、高額な契約金を支払わせながら十分な業務を行わなかった、中国人女性をあっせんする結婚紹介所を訴え、5月19日、津地方裁判所はこれを認め、支払い全額の返金を命じた。  

原告の男性(34歳)は2007年6月、三重県川越市の結婚紹介所と415万円を支払う契約を結んだ。

翌7月、専門学校に通う中国人女性(23 歳)を紹介され、報酬として250万円を支払った。その後、女性が交際を断ってきたが、結婚紹介所は調査費などの名目でさらに175万を要求し、男性も応じたという。

裁判所は「費用に見合った業務は行われてなく、暴利行為にあたる」と認定。全額の返還を命じた。

日中間の国際結婚仲介業の暗いイメージはこの先も払拭されないのだろうか?中国女性専門紹介サイトAsian・ブライダルコンサルタントの小野さんに話を聞いた。

「これは非常に残念なケースです。日本人男性には、ぜひ、今までのようなマイナスイメージを捨てて、心が純粋で愛らしい、中国人女性との出会いを期待していただきたいと思います。中国の成長は日進月歩、出会いの形もどんどん新しくなっています。それでも、悪徳業者の被害には気を付けなければいけないところ。良心的な会社を見分けるポイントとして、

1、信頼のおける行政書士と提携している

2、料金の妥当性、内訳がはっきりしている

などが挙げられます。日本人男性には、新たな選択肢が広がったと思っていただければうれしいです」と話している。(取材/SU)

関連記事

<調査>若さがいちばん!日中国際結婚、中国人女性が求める条件に変化―華字紙

19日、日本の華字紙は、東京の国際結婚仲介会社が行ったアンケート調査の結果、日本人男性との結婚を希望する中国人女性の見る目が厳しくなっていることが分かったと報じた。写真は昨年12月、江蘇省南京市で極寒の中、結婚写真の撮影を行う新婚カップル。

Record China
2010年1月21日 12時57分
続きを読む

ランキング