Record China

ヘッドライン:

カシミアマフラー6割引きも、世界最大のネット通販に成長へ―ヤフー、タオバオ共同事業スタート

配信日時:2010年6月2日(水) 23時28分
拡大
1日、ヤフーと淘宝網(タオバオ)はインターネット共同通販サイトをスタート。ヤフーの孫正義会長、アリババグループの馬雲(ジャック・マー)会長らが東京都内のホテルで記者会見した。写真は会見する両会長らと、商品のカシミアマフラー。
(1/4枚)

2010年6月1日、日本ポータルサイト最大手のヤフーと中国アリババグループのネット通販同国最大手、淘宝網(タオバオ)は、両社のサイトを接続して日中間で商品を相互に購入できるインターネット通販サイトをスタートした。

その他の写真

ヤフーの孫正義会長、アリババグループの馬雲(ジャック・マー)会長ら両社首脳は東京都内のホテルで1日共同記者会見した。孫会長は「日本と中国の経済規模は2020年には米国やEU(欧州連合)を抜いて世界一の規模となり、中国と日本を一つの経済圏にして協力すればさらに発展する」と強調。その上で、「日本企業150万社のうち、たった2万社しか中国に進出していない。今回の共同事業により未進出の企業をサポートすることができる」と語った。さらに「ヤフーとタオバオ合計で顧客数2億5千万人、取扱高は3兆8千億円にも達しており、今年中に世界最大のネット通販サイトに成長する」と予測した。

マー会長は「タオバオとヤフーが組めば両社が(利益を享受できる)ウィンウインの関係が築ける。中日両国の中小企業に進出の機会を提供したい」と語った。

日本のネット利用者は、ヤフーが新設したサイト「yahoo!チャイナモール」から約5千万点の中国の商品を、中国の利用者は800万点以上の日本の商品についてタオバオを通じて購入できる。

ヤフーの井上雅博社長は「中国の商品を、言語、決済、通関、配送などの障害をIT技術によって乗り越え、安心・安全に購入できるよう全力を挙げたい」と強調。中国製品についてはタオバオで一定の基準を満たす出展者の商品だけを扱い、実際の商品を倉庫で確認する。これにより、例えば中国製カシミアのマフラーが送料込みで通常の市販価格の6割引きの2千円程度で購入できるという。(編集/hy)

関連記事

ヤフー・ジャパン、中国ネット通販最大手「タオバオ」と業務提携―日本

10日、中国のネット通販最大手「タオバオ」とヤフー・ジャパンは浙江省杭州市で戦略的な提携関係を結ぶことを宣言した。6月から相互取引サービスを開始する。写真は杭州市での記者会見に出席したタオバオの親会社・アリババグループの馬会長とヤフーの孫会長。

Record China
2010年5月11日 9時59分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング