Record China

ヘッドライン:

日本が力を入れる「クール・ジャパン」、知名度はあってもお金にならず―中国紙

配信日時:2010年5月29日(土) 21時32分
拡大
28日、中国文化報は記事「『クール』は日本のソフトパワー、『クール・ジャパン』イメージの確立に注力する日本政府」を掲載した。写真は今年5月、武漢市のアニメ・マンガイベント。
(1/8枚)

2010年5月28日、中国文化報は「『クール』は日本のソフトパワー、『クール・ジャパン』イメージの確立に注力する日本政府」と題した記事を掲載した。

その他の写真

近年、日本政府は「クール・ジャパン」の普及活動に力を注いでいる。文化製品の輸出によって、海外のファン、とりわけ若い世代のファンを獲得し、日本と聞けば「クール」と連想するようにするのがその目的だ。

米著名ジャーナリストのダグラス・マックレイ氏は国民総生産(GNP)ならぬ国民総魅力(GNC=Gross National Cool)を提唱。日本のアニメ・マンガ、ポップミュージック、ゲーム、家電製品、ファッション、グルメを高く評価した。マックレイ氏の著作は日本語に翻訳され、GNCはメディアで注目を集めるキーワードとなった。

中国でもジャパンカルチャーは強い印象を与えている。しかしその知名度は利益に結びついていない。宮崎駿監督の人気アニメ映画「千と千尋の神隠し」が米国で上げた利益はわずかに1000万ドル(約9億1000万円)。日本国内の304億円という数値とは比べものにならない。人気マンガ「NARUTO -ナルト-」も、日本マンガ好きで知られるフランスでの販売数は22万冊(2008年)と、フランス国産マンガの販売数183万冊には遠く及ばない。こうした中、日本政府の「クール・ジャパン」プロジェクトに懐疑的な人々も増えているようだ。

それでもなお日本政府は「クール・ジャパン」に高い期待を抱いている。2020年までに海外市場への文化輸出を約2兆6000億円へと倍増させる目標だ。もっとも日本のネットユーザーはこの計画に冷ややかな態度を見せている。ネット掲示板には「プロジェクトが予算を獲得するための単なる口実ではないことを祈っている」との書き込みも少なくなかった。(翻訳・編集/KT)

関連記事

ランキング