Record China

ヘッドライン:

ホジェン族(赫哲族)

配信日時:2006年5月8日(月) 0時1分
拡大
(1/32枚)

人口 

人口は4640人。

地域 

主に黒竜江省の同江県、饒河県、撫遠県に集中して居住している。少数は付近の県の村に散在している。

言語 

ホジェン語を使用し、この言語アルタイ語系、満州・ツングース語派、満州語分支に属している。奇楞と赫真という二つの方言がある。今ではホジェン語を話すことができるのは50、60代以上の人たちだけで、その他の人たちは漢民族の人たちと長年付き合ってきたため、漢語を使うようになっている。

ホジェン族は自民族の文字を持たず、漢字を使っている。

宗教 

ホジェン族は以前、シャーマニズムを信奉していたが、そのような宗教観は現在、薄れている。

歴史

ホジェン族は悠久の歴史を持つ民族の一つで、その祖先は早くから黒龍江、松花江、ウスリー川の河川流域で暮らしてきた。ホジェン族の人たちは魚の皮で作られた服を着て犬を連れていたため、「魚皮部」、「使犬部」と呼ばれた。清時代の始め頃から「黒斤」、「黒其」、「赫真」、「奇楞」、「赫哲」などの呼称で文献に記載されている。1949年以後、ホジェン(赫哲)と統一された。

文化 

漁業に携わり、現在に至るまで豊かな漁業の知恵を蓄積している。同時に、農業、養殖業などの多角経営を展開している。



その他の写真

ランキング