Record China

ヘッドライン:

アジア大学ランキング、首位は香港大学=日本最高位は5位東大―英国

配信日時:2010年5月13日(木) 17時29分
拡大
12日、英クアクアレリ・シモンズ社による今年度の世界大学ランキングが公表された。アジアでもっとも評価が高いのは香港大学だった。写真は中国の清華大学。
(1/4枚)

2010年5月12日、英クアクアレリ・シモンズ社(Quacquarelli Symonds)による今年度の世界大学ランキングが公表された。新快報の13日付の報道。

その他の写真

アジア大学ランキングでは、首位は香港の香港大学。2位も香港の香港科技大学。3位はシンガポールのシンガポール国立大学、4位は香港中文大学、5位は東京大学だった。中国の大学は10位圏外。最高位は北京大学の12位、理工系最高学府の清華大学が16位だった。

中国からは41校が世界トップ200にランクインし、前年より2校増。ランク入り最多は日本で、57校が世界トップ200にランクインした。

中国の北京大学と清華大学、復旦大学はいずれも学術分野で高い評価を得ている。中国の大学は論文引用件数における評価を上げるなど、全体的に国際的な知名度や影響力も増しているものの、学生数に対する教員数では評価が低く、人材資源などでの課題も多く残されていることがわかった。(翻訳・編集/岡田)

関連記事

ランキング