Record China

ヘッドライン:

「宇宙戦闘機の試験飛行成功」の知らせにネットユーザー歓喜=後に誤報と判明―中国

配信日時:2010年5月2日(日) 22時27分
拡大
2010年4月、中国の各大手ニュースサイトは「人民解放軍が宇宙戦闘機の試験機を開発、試験飛行に成功」との記事を掲載した。しかし出典とされた雑誌・中国航空報は記事内容を否定。誤報だと判明した。写真は人民解放軍の戦闘機。
(1/4枚)

2010年4月、中国の各大手ニュースサイトは「人民解放軍が宇宙戦闘機の試験機を開発、試験飛行に成功」との記事を掲載した。しかし出典とされた雑誌・中国航空報は記事内容を否定。誤報だと判明した。30日、環球網が伝えた。

その他の写真

宇宙戦闘機開発のニュースは、大手ニュースサイト掲載後、わずか数時間で関連するウェブサイト数が8000を超えるなど話題となった。その背景には米国への対抗意識があると見られる。4月22日、米国は軍事用無人シャトル「X-37B」の打ち上げに成功した。実際の用途は不明だが、他国の軍事衛星を攻撃する宇宙戦闘機の開発との見方もある。

大手ニュースサイトの「宇宙戦闘機」記事が話題となる一方で、出典とされた中国航空報のサイトにはなぜか「宇宙戦闘機」の記事はない。元になったと見られるのは技術者・王純(ワン・チュン)氏の紹介記事だが、「ある試験機の機体設計を担当した」「設計は新コンセプト、新構造、空と宇宙の連携という特徴を持つ」とあるだけで、宇宙戦闘機とは書いていない。

中国航空報編集長兼副社長の徐澤龍(シュー・ズーロン)氏は「あるメディアが元記事を誤解した」と明かした。誤解された記事が転載され、広まってしまったのだという。「この誤報をどうにかして消せないか考えているところです。各大手メディアが協力してくれることを期待しています」と話した。新華網、鳳凰網などではすでに記事の公開が中止されている。(翻訳・編集/KT)

関連記事

中国製戦闘機がロシア製を駆逐、危機の原因はサポート体制の不備―露メディア

18日、中国製戦闘機が「中国国内市場だけでなく、国際市場においてロシア機を駆逐しようとしている」と、ロシア紙が伝えた。コストパフォーマンスの優秀な中国製の航空技術製品は、世界市場のメインストリームになりつつあるという。写真は中国製戦闘機・J-10。

Record China
2009年11月21日 2時29分
続きを読む

中国の戦闘機開発は「模造に別れを告げた」=最新機「殲10」で設計責任者が語る―中国

10日、中国の新型国産戦闘機「殲10(J10)」の設計責任者は、同機について「中国初の独自の知的財産権を持つ戦闘機。中国が『模造』に別れを告げたことの象徴」と述べた。写真は3日、中国人民解放軍空軍の建軍60周年の記念イベントに登場した「殲10」。

Record China
2009年11月11日 9時1分
続きを読む

中国の無人戦闘機開発=米軍機を丸パクリか―米誌

10日、米誌ディフェンスニュースは同誌台北駐在員Wendell Minnick氏の記事「中国人は米国の設計をコピーした」を掲載した。米軍をまねて中国も無人戦闘機開発に乗り出しているという。写真は昨年11月、珠海航空ショーで展示された無人機の模型。

Record China
2009年8月13日 22時10分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング