<在日中国人のブログ>アルバイトして初めて分かった「働きアリ」日本人の幸せ

配信日時:2010年4月27日(火) 5時38分
<在日中国人のブログ>アルバイトして初めて分かった「働きアリ」日本人の幸せ
画像ID  245228
24日、在日中国人が日本の会社でのアルバイト体験を綴った記事が中国のブログサイトに掲載された。写真は新宿西口。
2010年4月24日、在日中国人が日本の会社でのアルバイト体験を綴った記事が中国のブログサイトに掲載された。以下はその概略。

その他の写真

幸運にも大きな建設会社で設計のアルバイトを始めてから2か月が経った。私は時給で働いているため、朝晩はタイムカードが義務付けられている。1人1人の席はパーテーションで区切られ、自分の列以外の人は顔も見えない仕組み。静かなフロアも9時の始業時間を合図に電話が鳴り響き、途端に活気づく。とにかくみな文字通り、「一生懸命」だ。

意外なことに、普段は小さな声で話す日本人も会社では割と大声だ。電話で話す言葉は全て敬語。何と回りくどい言い方なのか。大声で「はい、分かりました」と言う姿はまるで戦争映画に出てくる日本兵のようだ。

上司の命令は絶対で、部下は逆らうことはできない。何か言われたら、「はい、分かりました」と言いながら軽くお辞儀をするのだが、これがなかなか難しい。私の上司も、私が「うん、うん」とうなずくだけだと理解しているのかどうか不安に思うらしい。私も今はようやく「はい」と相槌を打って、最後に「分かりました」と言えるようになった。

正午になるとフロア中の電気が消され、みな一斉に立ち上がる。昼休みが終わる1時になると再び電気がつき、あちらこちらで「はい、分かりました」が始まる。そして、3時になるとしばしのリラックスタイム。常に2〜3種類のお菓子が用意され、各自が自由に取って良いことになっている。最初は恥ずかしくて取りに行けなかった私に、上司や同僚が取って来てくれた。

日本人は穏やかで良い人ばかりなのだが、特別仕事ができる人もいない。学生もどんくさいと感じる。だが、日本ではどんなに成績が悪くても会社や社会から見捨てられることはない。みな社会に出て何かしらの仕事に就くことができる。中国のようにふるいに掛けられることはないのだ。

日本人はアリのように働き者だと言われる。私はそのアリの巣で働いてみて、アリの幸せを少しだけ体験することが出来た。中国人も日本人のように働ければ幸せだと思った。(翻訳・編集/NN)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事