Record China

ヘッドライン:

「略奪された文化財は全力で取り戻す」=中国、エジプトの国際会議で表明―英メディア

配信日時:2010年4月21日(水) 12時34分
拡大
17日、英メディアは、中国はあらゆる手段を通じて略奪された文化財を取り戻そうとしていると報じた。写真は3月、北京で初めて公開された海外に流出していた9点の文化財。
(1/4枚)

2010年4月17日、英BBC放送は「中国はあらゆる手段を通じて略奪された文化財を全力で取り戻そうとしている」と題した記事を掲載した。

その他の写真

記事によれば、中国国家文物局法規司法制処の張建華(ジャン・ジエンホワ)処長はエジプトで開かれた「文化遺産の保護・返還のための国際協力に関する会議」で、中国が略奪されたり違法に持ち出されたりした文化財の所有権を有していることは「少しの疑いもないこと」だと述べた。

専門家の推計によると、中国が戦時中に略奪された167万点の文化財は世界47か国の約2000の博物館に収蔵されている。これについて、張処長は「こうした中国の文化財を競売にかけるのは道徳に反した行為。中国人の感情を傷つけるものだ」と訴えた。会議はエジプトが主催し、中国、インド、韓国など22か国の代表が参加した。

エジプトのハワス考古最高評議会事務局長によれば、各国代表は優先的に返却を希望する文化財のリスト作成に同意しており、会議では7か国が提出した。未提出の国も1か月以内に提出する予定という。同文物局の関係者によると、中国は今回、リスト提出を見送った。

昨年2月、清朝末期に北京の「円明園」から英仏連合軍に略奪された動物のブロンズ像がパリで競売にかけられた際も、中国は猛反発して返還を要求。その後、競売の中止を求めた裁判がパリの裁判所で行われたが、「出品を認める」との判決が言い渡された。結局、中国の民間人が落札したものの、代金の支払いを拒否。最終的に元の持ち主のところに戻されている。(翻訳・編集/NN)

関連記事

<調査>9割以上が流出文化財の調査に賛成、「奪還には強硬姿勢を」―中国紙

23日、中国・北京の円明園が清朝末期に英仏連合軍に略奪された文化財の実態調査を開始すると発表した件について、9割以上のネットユーザーが「非常に有意義だ」と答えた。写真は9月、陝西省西安市で行われた展示会。海外から取り戻した文化財も展示された。

Record China
2009年10月26日 18時2分
続きを読む

ランキング