Record China

ヘッドライン:

<中国食品>「毒ニラ事件」発生=有機リン系農薬残留で1930キロを廃棄―山東省青島市

配信日時:2010年4月11日(日) 13時14分
拡大
9日、ラジオ局・中央人民放送局は、山東省青島市の「毒ニラ事件」を伝えた。1日以来、ニラを食べた市民9人が頭痛、吐き気、下痢などの症状を訴えている。写真は山東省のニラ農家。
(1/4枚)

2010年4月9日、ラジオ局・中央人民放送局は、山東省青島市の「毒ニラ事件」を伝えた。1日以来、ニラを食べた市民9人が頭痛、吐き気、下痢などの症状を訴えている。9日、中国広播網が伝えた。

その他の写真

病院での検査で、原因は有機リン中毒と判明した。残留農薬による中毒とみられる。患者らはすでに回復したという。9日、青島市工商行政管理局市場処担当者が記者会見を開いた。季節の変わり目にあたる現在は害虫が多く、農薬使用量が増えている。そのため基準値を超えた農薬が残留したと考えられる。

8日、市当局は市場で販売されているニラに対するサンプル調査を実施。残留農薬が認められたニラ1930キロを押収し廃棄した。また事件を受け現地のニラ価格は急落、農家に大きな影響を与えている。(翻訳・編集/KT)

関連記事

<中国食品>各国の「月餅」輸入禁止を憤る声多いが、「質の問題省みる良い機会」―中国紙

7日、中国では「中秋節」を前に今年も「月餅」の販売合戦が始まった。だが、多くの国で中国産月餅の輸入が禁じられているため、国内販売に頼らざるを得ない状況。「報復措置」を求める声も高まる中、中国紙は「質の問題を省みる好機」と呼び掛けた。写真は月餅。

Record China
2009年9月10日 19時8分
続きを読む

ランキング