米流通大手ウォルマート、日中両国で直販ネットショップ開設の準備中―英紙

配信日時:2010年3月31日(水) 21時17分
米流通大手ウォルマート、日中両国で直販ネットショップ開設の準備中―英紙
画像ID  242370
30日、米流通大手・ウォルマートが中国と日本で直販ネットショップ開設の準備を進めている。写真は中国国内のウォルマート店舗。
2010年3月30日、英ファイナンシャルタイムズ(中国語サイト)によると、米流通大手・ウォルマートが中国と日本で直販ネットショップ開設の準備を進めている。

その他の写真

記事によると、同社は中国に282店舗、日本では08年に完全子会社化したスーパー・西友で371店舗を有している。ただし、両国のネット上では直営の販売ショップを有していない。日本では楽天市場を通じてネット販売を展開しているという。

同社のエドゥアルド・カストロ・ライト副会長は今年1月、「新たな業務部門は、既存店舗と既存ネットショップを含め、当社の業務が及んでいない地域においても市場拡大に努力していく」と宣言した。

同社は将来の拡張戦略についてはっきりとしたコメントを出していないものの、ネットショップ展開のための人材を日本・中国で募集中であることが確認されている。またこれ以外に、新市場開発のための高級人材を募集しており、その条件として語学堪能であることが挙げられている。指定言語は中国語・日本語・ヒンディー語・フランス語・スペイン語・ポルトガル語のいずれか。同社が店舗展開している14か国を含め、ネットショップの展開を通じて世界的な業績拡大を図ろうとしていることが窺える。(翻訳・編集/HA)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事