Record China

ヘッドライン:

不況の日本はアニメ産業も縮小傾向に、中国アニメは破竹の勢い―中国メディア

配信日時:2010年3月31日(水) 8時57分
拡大
29日、日本の現代文化の象徴ともいえるアニメ産業が落ち込み気味だと中国メディアが伝えた。写真は昨年12月、広東省東莞市で開催された第1回「中国国際映画・テレビ・アニメ版権保護貿易博覧会」。
(1/4枚)

2010年3月29日、日本の現代文化の象徴ともいえるアニメ産業が落ち込み気味だと中国メディア・新浪娯楽が伝えた。

その他の写真

記事によれば、日本のアニメ産業は経済の衰退とともに縮小傾向に陥っている。スポンサーの撤退も相次ぎ、テレビアニメの放映時間も09年はピークの06年と比べ20%も減少。昨年の世界不況の影響も重なり、3年間でアニメ産業の売り上げは21%も落ち込んだ。

一方、中国のアニメ産業はまだヨチヨチ歩きの段階とはいえ、政府の強力な支援もあり、勢い付いている。今年の「東京国際アニメフェア」では例年の2倍以上の作品が出品され、70本以上の新作アニメと40余りのキャラクター商品という大陣営が史上初めて国際アニメフェアに登場した。

記事はその上で、日本や米国と比べ、中国アニメの課題はストーリー性の弱さとキャラクター商品の開発力だと指摘。昨年11月からは日本の文部科学省と中国動漫(アニメ・漫画)集団が共同で北京に「中国動漫城」を建設するなど合同プロジェクトも始まっており、こうした交流を通じて日本のアニメ界から学ぶことは多いだろうと結んでいる。(翻訳・編集/NN)

関連記事

大人は反感?子供に人気の日本アニメ=支持多い、首相の「国産奨励」発言―中国

2009年3月31日、温家宝首相が「孫と見る番組はウルトラマンなど海外作品ばかり」と発言したことに対し、中国のネットユーザーの多くは賛同の意を表している。写真は山東省済南市で開催されたアニメ展。ウルトラマン・ティガのショーが行われた。

Record China
2009年4月4日 15時35分
続きを読む

日本アニメの人気に影響か、ゴールデンタイムの海外アニメ放映を禁止―中国

14日、中国国家放送テレビ映画総局の関係者は先日各地のローカルテレビ局に対しゴールデンタイムに海外アニメ・アニメ紹介番組の放映を禁止する通達を出した。海外アニメの放送時間の30%以下への制限も盛り込まれている。写真は上海テレビ局。

Record China
2007年11月20日 14時20分
続きを読む

ランキング