「抗日英雄」の李二喜氏が死去=日中戦争時、砲撃で日本軍中将を戦死さす―中国

配信日時:2010年3月29日(月) 13時34分
「抗日英雄」の李二喜氏が死去=日中戦争時、砲撃で日本軍中将を戦死さす―中国
画像ID  242020
28日、日中戦争中に河北省で日本軍を砲撃し、独立混成第2旅団長の阿部規秀中将を戦死させた「抗日英雄」の李二喜氏が広東省韶関市内の病院で亡くなった。写真は生前の李氏。
2010年3月28日、日中戦争中に河北省で日本軍を砲撃し、独立混成第2旅団長の阿部規秀中将を戦死させた「抗日英雄」の李二喜(リー・アルシー)氏が広東省韶関市内の病院で亡くなった。89歳だった。広州日報が伝えた。

その他の写真

李氏は18歳だった日中戦争中の39年11月、太行山脈で中国人民解放軍の前身である八路軍の晋察冀軍区第一団の兵士として遊撃戦に参加。日本軍の指揮所に大砲を命中させ、阿部規秀中将を戦死させた。後に日本の新聞が「名将の花、太行山に散る」と報じたことで「手柄」が判明し、「神砲手」との称号が与えられ、英雄となった。

記事によれば、李氏が阿倍中将を戦死させた追撃砲は国家一級文化財に指定され、北京の軍事博物館に陳列されている。(翻訳・編集/NN)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事