<調査>妻が夫よりも稼ぐ家庭は「より幸せ」、離婚率も低い―米国

配信日時:2010年1月31日(日) 22時7分
<調査>妻が夫よりも稼ぐ家庭は「より幸せ」、離婚率も低い―米国
画像ID  235587
28日、ワシントンの研究所が行った調査から、夫よりも妻の方が稼ぐ家庭のほうがより幸福で、離婚率も低いことが分かった。写真は中国安徽省で結婚相手を募集する外国人。
2010年1月28日、ロシアのイタルタス通信によると、米国で共働きの夫婦が増加しているが、ワシントンの研究所が行った調査から、夫よりも妻のほうが稼ぐ家庭の方がより幸福で、離婚率も低いことが分かった。新華網が伝えた。

その他の写真

夫婦共働きは増えたが、依然として夫の稼ぎの方が多い家庭が一般的。しかし、妻が一家の大黒柱となっている割合は40年前(7%)と比べ大幅に増え、22%にも達している。こうした家庭は夫婦のきずなが強いケースが多いと専門家は指摘している。

その原因は、家事の分担において夫の比率が増えることや、女性の教育水準と経済的な独立能力が高まったことにあるという。約3分の1の家庭で妻の方が夫よりも学歴が高く、また結婚の際に経済面よりも精神的な面を重視していることが特徴となっており、対等でお互いを尊重し合う関係が構築されるため、こうした家庭は安定し、離婚率も低いという。(翻訳・編集/岡田)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事