Record China

ヘッドライン:

ネットアイドルの飴売り美少女がリアルで正月食品販売会に登場、客が殺到―陝西省西安市

配信日時:2010年1月26日(火) 13時15分
拡大
23日、陝西省西安市の路上で飴菓子を売る美少女が昨年秋よりネット上で話題のアイドルとなっているが、その渦中の康さんがこのほど、地元で開催されたお正月食品の販売会に登場したため、来場客が殺到したという。
(1/4枚)

2010年1月23日、陝西省西安市の路上で“飴菓子を売る美少女”が昨年秋よりネット上で話題のアイドルとなっているが、その渦中の康(カン)さんがこのほど、地元で開催されたお正月食品の販売会に登場したため、来場客が殺到したという。チャイナフォトプレスの報道。

その他の写真

「タンフールー西施」とのあだ名をつけられている康さんは、5年前に河南省から出稼ぎにやってきた19歳の少女っぽい女性。市内の路上で「タンフールー(糖葫蘆)」と呼ばれる中国の伝統的な飴菓子を売っているが、その愛らしい容姿もさることながら、地方出身とは思えないオシャレな出で立ちも相まって、「なぜこんなかわいい子が屋台の売り子に?」と付近の男子学生らから注目を浴び、ネット上にも多数の写真が掲載され、話題が沸騰した。

翌月14日の旧正月を控え、このほど西安市内の陝西国際展覧センターでは、大規模なお正月食品の販売会が開催された。その会場に康さんが登場したため、彼女のタンフールーを購入しようという客が殺到。彼女の周辺では携帯カメラで記念写真を撮るシャッター音が途切れることなく響いたという。

中国ではたびたび、こうした「草の根アイドル」がネット上で話題となる。「美少女車掌」に「スイーツ売りの美少女」、「揚げパン西施」「イケメンパン屋」など、いずれも容姿が優れていながら、至ってふつうの職業についているというギャップこそが「萌えどころ」となっている。(翻訳・編集/愛玉)

関連記事

ランキング