中国人留学生に帰国ブーム、09年は8万人で過去最高―米国

配信日時:2010年1月26日(火) 19時1分
中国人留学生に帰国ブーム、09年は8万人で過去最高―米国
画像ID  235035
22日、米華字紙は米国の中国人留学生に帰国ブームが巻き起こっていると報じた。昨年1年間だけでも約8万人に上り、過去30年間で最高を記録した。写真は米プリンストン大学。
2010年1月22日、北米の華字紙・世界日報は、米国の中国人留学生に帰国ブームが巻き起こっていると報じた。昨年1年間に米国から帰国した中国人留学生は約8万人に上り、過去30年間で最高を記録した。中国新聞社が伝えた。

その他の写真

米ロサンゼルスの中国総領事館教育グループの陳准民(チェン・ジュンミン)参事官によると、米国の中国人留学生(大学生)は年間約15%の割合で増加しており、しかもこの割合は年々増加しているという。

中国人留学生の特長について、陳参事官は「米国の学生と比べると基礎学力は高い。ただし人格形成やコミュニケーション能力および総合的な素養など、米国の教育制度を参考にすべき所は多い」と指摘する。

一方、近年は帰国する留学生も増加しており、昨年だけでも約8万人が帰国し、過去30年間で最高を記録した。陳参事官は「米国からの帰国組は玉石混交だが、英国、オーストラリア、ニュージーランドなどからの帰国組に比べると人気が高い。特に実際に働いた経験があれば帰国してからさらに発展できる可能性は高いだろう」と語っている。(翻訳・編集/HA)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事