Record China

ヘッドライン:

インターネットユーザー3億8400万人、普及率28.9%に―中国

配信日時:2010年1月16日(土) 14時31分
拡大
1/4枚
2010年1月15日、中国インターネット情報センター(CNNIC)は同日に発表したレポートで、中国のインターネットユーザー数が3億8400万人となり、インターネットの普及率が28.9%に達したことを明らかにした。このうち携帯電話によるネットユーザー数が60.8%に当たる2億3300万人を占めている。網易科技が伝えた。

その他の写真

レポートによると、09年12月30日現在の中国のネットユーザー数は3億8400万人で、08年12月末比28.9%(8600万人)増加した。このうち農村地区のネットユーザーは同26.3%増の1億681万人で、ネットユーザー全体の27.8%を占めている。

また、携帯電話によるネットユーザーが3G(第3世代)サービスの本格化などによって飛躍的に伸び、09年1年間で1億2000万人増加し、2億3300万人になった。このうち、携帯電話のみを利用しているネットユーザーは全体の8%に当たる3070万人に過ぎないことも明らかになった。一方、ブロードバンドユーザーは08年末に比べて7600万人増加し、3億4600万人となった。

インターネットの利用目的別で見ると、音楽(83.5%)、ニュース(80.1%)、検索(73.3%)がトップ3に挙げられている。また、インターネット決済が前年比80.9%と大幅に増加した以外に、旅行の予約(同77.9%増)、株式売買(同67.0%増)、ネット銀行の利用(同62.3%増)、ネットショッピング(同45.9%増)などもそれぞれ大きく伸びた。中でも09年のネットショッピングの規模は2500億元(約3兆2500億円)に達しており、2010年は更なる増加が見込まれているという。(翻訳・編集/HA)

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング