Record China

ヘッドライン:

<中国気になる話>今度はあの日本ロボットアニメを?!中国パクリアニメ最前線

配信日時:2010年1月13日(水) 19時41分
拡大
2010年1月、ブログ「21世紀中国ニュース」は、中国ロボットアニメ「アストロプラン」を取り上げた。日本の有名作品に酷似しているとして、日中両国のネットユーザーの話題となっている。写真はクレヨンしんちゃんをパクったとして話題になった大口のドゥドゥ。
(1/2枚)

2010年1月、レコードチャイナのライターによる個人ブログ「21世紀中国ニュース」は、間もなく中国で放送が始まるロボットアニメ「アストロプラン」を取り上げた。日本の有名作品にあまりにも酷似しているとして、日中両国のネットユーザーの話題となっている。

その他の写真

以下は同ブログから。

2010年1月、天極網は、間もなく放映が始まる中国アニメ「星原戦記(アストロプラン)」が日本の人気テレビアニメ「マクロス」に酷似していると報じた。

「アストロプラン」は今月15日より湖南テレビで放映が始まる中国製ロボットアニメ。地球環境の悪化から人類は大規模な宇宙移民計画「星原計画」を発動、その移民船と宇宙の資源略奪者である伊克斯星人との戦いを描く。現在、動画共有サイトで予告編が視聴可能だが、あまりにも「マクロス」そっくりの映像が話題となっている。

日本アニメをパクった中国製アニメといえば、昨年は「クレヨンしんちゃん」とよく似た「大口のドゥドゥ」、「秒速5センチメートル」と酷似した「心霊の窓」が論議を呼んだ。天極網は昨年の2作品に続き、「ついに我々は自分たちの『マクロス』を手に入れた」と皮肉っている。ユーザーが編集するオンライン辞書・百度百科には早くも「アストロプラン」の項目が登場。「中国初のSFアニメ(某作品に敬意を表した同人作品)」と辛らつな表記となっている。

中国製最新パクリアニメの情報は日本のブログに転載されたほか、日本の大手動画共有サイトでもデモ版がアップされている。わずか2分弱の映像だが、マクロスだけではなくダンクーガやガンダムなど多くの日本ロボットアニメからのパクリ表現が指摘されている。中国のアニメファンも日本同様、更なる元ネタ捜しに余念がないもよう。検証しようと初放送を待つ人も少なくないようだ。(筆者:chinanews)

■「21世紀中国ニュース」は中国在住経験を持つ翻訳者によるブログ。サッカーなど中国のスポーツから社会事情、事件、流行など幅広く紹介している。FC2ブログに掲載。

関連記事

「クレヨンしんちゃん」のパクリでは?07年放映の“純国産”アニメに疑惑続々―中国

2009年7月7日、中国のネット掲示板で、日本の人気アニメ「クレヨンしんちゃん」と中国国産アニメ「大口のドゥドゥ」を比較検証している書き込みが掲載された。設定やいくつかの場面が酷似していることからパクリ疑惑を指摘している。写真は「大口のドゥドゥ」。

Record China
2009年7月8日 14時49分
続きを読む

中国で商標権登録を怠った本家が悪い!「パクリ版ロールスロイス」の製造元、何ら問題なしと主張―中国

2009年12月5日、吉利集団の李書福理事長は、同社の高級車・吉利卓越が「パクリ版ロールスロイス」と酷評された問題について、中国と海外の知的所有権は全く違うものとの持論を展開した。写真は問題の「パクリ版ロールスロイス」こと吉利卓越。

Record China
2009年12月7日 21時5分
続きを読む

「パクリ」撲滅できない国産アニメ、コピー元の標的は日本製!=主因は製作コスト削減―中国

3日、たびたびの“パクリ疑惑”で世間を騒がせる中国のアニメ界。このほども国営テレビ局が放映する“教育”アニメが、日本のアニメ作品に酷似していると指摘された。こうした現象の主因は「製作コスト削減」にあるという。写真はパクリが指摘された作品の比較画像。

Record China
2009年9月4日 11時37分
続きを読む

ランキング