<中国人が見た日本>池袋チャイナタウン、まずは都の許可を受けるのが先では?

Record China    2010年1月13日(水) 14時2分

拡大

11日、中国のブログサイトに東京・池袋のチャイナタウン構想について考察した、中国人ブロガーによるブログ記事が掲載された。写真は池袋北口の中国物産店。

(1 / 4 枚)

2010年1月11日、中国のブログサイト・捜狐博客に東京・池袋のチャイナタウン構想について考察した、中国人ブロガーによる記事が掲載された。以下はその内容。

その他の写真

2年前に在日中国人企業家を取材した時、池袋のチャイナタウン構想を聞いた。恐らく横浜だけでは足りないと思ったのだろう。理由はどうであれ、東京のこのような繁華街に中華街を建設したいと考えるのはごく当然のことだと思う。中華文化を日本で大いに発揚させるには、中華街の建設が最良の方法だと考える人もいるようだ。

だが、実現させるには冷静にやり方を考える必要がある。東京にチャイナタウンを建設して良いかどうかを決めるのは、石原慎太郎都知事だ。中国人ではない。許可を受けるには、都や地元の利益につながるかどうかが大きなカギになる。反対に中国在住の外国人が、「米国街」や「日本街」を建設したいと言ったらどうか?中国政府は彼らが勝手に建設することを許さないだろう。

在日中国人の参政意識は在米中国人と比べ、かなり低いと感じる。在日70〜80万人に対し、在米は数百万人。数の違いも関係あるだろう。在日中国人の中には、参政=自分たちの意見を通すことだと考えている人もいるようだが、これでは孤立を深めるだけ。外国人は排斥されているなどと言う資格もない。まずは現地社会に溶け込むこと。簡単な道理ではあるが、中国人にとっては「言うは易く行うは難し」といったところか。(翻訳・編集/NN)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携