Record China

ヘッドライン:

<在日中国人のブログ>冬でもナマ脚丸出しの日本女性、ホントに寒くないの?

配信日時:2010年1月10日(日) 13時0分
拡大
8日、日本新華僑報の蒋豊編集長は自身のブログに「日本の若い女性は冬でもナマ脚丸出しで本当に寒くないのだろうか?」と題した文章を掲載した。写真は東京・渋谷周辺の若者。
(1/4枚)

2010年1月8日、日本新華僑報の蒋豊(ジアン・フォン)編集長は、自身のブログに「日本の若い女性は冬でもナマ脚丸出しで本当に寒くないのだろうか?」と題した文章を掲載した。以下はその要約。

その他の写真

東アジア地域の中国・日本・韓国には、共通する文化や風習が数多くあると言われているが、根付かなかったものもある。例えば、寒さの厳しい中国東北部などで広く見かける暖房器具――“火[火亢]”だ。それは“オンドル”という呼び名で朝鮮半島にも伝えられたが、日本では浸透しなかった。

現代日本をみても、一般家庭や企業には中国東北部では一般的な“スチーム暖房”がない。もちろん“練炭コンロ”のような暖房器具も。主流はエアコンだが、遠赤外線ヒーターや石油ストーブなど多種多様な暖房器具もある。日本特有の“コタツ”もその一つ。また、「風呂好き」と言われるように、43℃前後の熱い湯船にゆっくり浸かり、体を温めるのも日本人ならではの習慣だ。

面白いことに、日本人は冬でも必要以上に厚着はしない。関東地区の若いサラリーマンは、“ももひき”も履かない。履いていると“オヤジ”呼ばわりされるからだ。「オシャレのためなら寒さも我慢する」という若者の美学なのだろうか。特に驚くのは、都内の若い女性だ。真冬でさえ、コートの下はミニスカート。スカートとブーツの間からナマ脚を出しているが、はたして寒いのか寒くないのか…。(翻訳・編集/SN)

●蒋豊(ジアン・フォン)

25年以上にわたってメディアの仕事に携わる。99年創刊で年間発行部数324万部を誇る日本の中国語紙・日本新華僑報編集長。

※本記事は筆者の承諾を得て掲載したものです。

関連記事

<在日中国人のブログ>忘れてはならない!中国人留学生による「恩人殺人」、事件の深い教訓

21日、華字紙・日本新華僑報の蒋豊編集長は中国のブログサイトに「“留学生の父”殺人事件の教訓は深い」と題した記事を発表した。大分県で02年に起きた中国人留学生らによる「恩人殺人事件」に触れている。写真は北京で開催された留学フェア。

Record China
2009年12月23日 16時22分
続きを読む

<在日中国人のブログ>中国人はなぜ決して謝らないのか?謝罪に見る日中文化の違い

6日、評論家の孔健氏は、「“謝罪”から見る日中のお詫び文化の違い」と題したブログ記事を発表した。写真は江蘇省南京市の実店舗モール「西祠街区」が経営失敗を宣言、従業員らが「私が間違っていました」とする横断幕を掲げて訪れた市民らに詫びた。

Record China
2010年1月7日 12時53分
続きを読む

ランキング