「美食の国」から「栄養の国」へ=日本にならってグルメ指向を改善せよ―中国

配信日時:2010年1月2日(土) 8時59分
「美食の国」から「栄養の国」へ=日本にならってグルメ指向を改善せよ―中国
画像ID  232467
09年12月、国家食物・栄養咨詢委員会が開催された。集まった中国トップ級の専門家は、美食の追求ではなく健康のための「栄養の追求」を訴えた。写真は南京市のバイキング形式のレストラン。
2009年12月、国家食物・栄養咨詢委員会が開催された。集まった中国トップ級の専門家は、美食の追求ではなく健康のための「栄養の追求」を訴えた。30日、科技日報が伝えた。

その他の写真

同委顧問、元農業部長の何康(ホー・カン)氏は、中国は世界に名だたる「美食の国」であり、一般市民も肉や魚などおいしいものを追求する傾向が強いとして、科学的に栄養面を考えた食に関する知識が必要だと指摘した。

同委顧問の協和医院主任医師の杜寿[王分](ドゥ・ショウビン)氏、元中国農業科学院科技文献センター主任の梅方権(メイ・ファンチュエン)氏らも食習慣の重要性を訴え、国家的な取り組みが必要だと主張した。杜氏は科学的な食の取り組みの先進国として知られる日本を例に取り、メタボリックシンドローム対策に重点を置き、プロフェッショナルな栄養士チームが設立され、国民の健康指導に大きな成果を挙げていると紹介した。

同委員会顧問である中国農学会の舒恵国(シュー・フイグォオ)副会長は、伝統的な食文化にも優れた部分と改めるべき部分の双方があると指摘した。一例を挙げると、中国人は天然食品にこだわるが、日本や韓国への輸出向けスッポンや土壌はいずれも養殖物。必要な栄養分の確保や汚染対策などから養殖物が選ばれているという。

専門家らは食料品及び栄養問題は、民族の素養と国家の振興にかかわる最大の民生問題であるとして、国の積極的な関わりを求めた。現在、同委員会が編成を進める「中国食物・栄養発展綱要(2011〜2020年)」を元に、第12期5か年計画にも食への取り組みを加えるべきと提言している。(翻訳・編集/KT)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事