時計や宝石を買い漁り!中国人観光客の購入額が急増―韓国

Record China    2010年1月1日(金) 11時0分

拡大

28日、韓国メディアによると、韓国ウォン安から、中国人観光客の買い物が活発だ。ロッテ百貨店によると、今年1−11月の外国人による売上総額のうち、日本人が44%を占めたのに対し、中国人は36%と大幅に増加した。資料写真。

(1 / 3 枚)

2009年12月28日、韓国・聯合ニュースによると、中国元に対して韓国ウォン安が進んでいることから、中国からの旅行者の買い物が活発だ。ロッテ百貨店によると、今年1−11月の外国人による売上総額のうち、日本人が44%を占めたのに対し、中国人は36%と大幅に増加した。環球網が伝えた。

その他の写真

韓国では、ウォン安から、中国からの買い物客が急増している。11月、ロッテ百貨店の本店では中国人買い物客による購入額は昨年同期に比べ70%増加した。中国人買い物客による購入額は今年5月に13億ウォン(約1億200万円)を突破、下半期は新型インフルエンザの影響により7月に8億ウォンに下降したが、11月には14億ウォンに到達した。

日本人買い物客がブランド物のバッグや財布を購入するのに対し、中国人は時計や宝石類を好み、11月の一人当たり消費額は日本人の倍以上になった。百貨店関係者によると「ウォン安の影響から中国で購入するよりも安い額で購入できる」という。

ロッテ百貨店海外ブランド商品企画部の担当者は「中国人に人気の商品は5000万ウォン以上のブランド物が多い。バッグを求める日本人に比べ、大金を使う傾向がみられる」と話した。(翻訳・編集/小坂)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携