【募集中】中国語・韓国語社内スタッフ

高句麗王城、王陵、貴族墓

配信日時:2006年5月8日(月) 0時8分
高句麗王城、王陵、貴族墓
画像ID  26969
高句麗王城、王陵、貴族墓(吉林省、2004、世界文化遺産)
高句麗の王城と古墳群は、中国の東北地方、吉林省集安市を中心に分布する高句麗の都城、王と貴族の墓で、高句麗前期の遺跡である。2004年7月、北朝鮮の平安南道平壌市と黄海南道浦にある高句麗後期の古墳群とともに同時登録された、中国の中で最も新しい世界遺産である。
高句麗は紀元前37年に五女山城(卒本城)を都として建国し、西暦3年丸都山城に遷都、その後平城の国内城に移り、427年に北朝鮮の平壌に再び遷都した。668年に唐、新羅連合軍によって滅ぼされている。
今回、登録された都城遺跡は、「五女山城」(遼寧省桓仁県)、「丸都山城」、「国内城」(吉林省集安市)である。古墳群は、長寿王墓とされる将軍塚を始めとする14基と貴族墓26基。
遺跡の多くは、当時の文化や風俗を生き生きと伝える壁画古墳である。北朝鮮の主な高句麗壁画古墳には、安岳3号墳、徳興里古墳、修山里古墳、江西大墓などがあるが、これらの古墳壁画の中には、日本の明日香村の高松塚古墳壁画との関連を指摘されるものもあり、古代日本に与えた影響も見逃せない。


その他の写真
最新ニュースはこちら

SNS話題記事