Record China

ヘッドライン:

<09年中国10大ニュース・2>デモから暴動へ発展の「ウイグル騒乱」、背景に経済格差か

配信日時:2009年12月29日(火) 17時42分
拡大
1/2枚
建国60周年の節目を迎えた中国。今年もさまざまなニュースがあった。その中から象徴的な10の出来事を「09年中国10大ニュース」として振り返る。

その他の写真

2つ目のニュースは「ウイグル騒乱」。09年7月5日、新疆ウイグル自治区ウルムチ市でウイグル族と漢族が衝突する大規模な騒乱が発生した。事件の背景には漢族とウイグル族の経済格差や相互不信、民族問題などがあるとも言われる。

騒乱の発端は6月末に広東省韶関市の玩具工場で発生した事件。同工場で漢族の女性従業員がウイグル族の同僚から性的暴行を受けたとの噂が流れ、漢族の従業員がウイグル族の従業員を襲撃、ウイグル族79人を含む118人が負傷し、ウイグル族2人が死亡した。

この事件に対する抗議デモが7月5日にウルムチで始まり、鎮圧しようとする警察とウイグル族の間で衝突が起きた。暴徒化したデモ隊の一部は車両や店舗の破壊・放火、漢族への襲撃などを行った。その後、漢族による大規模デモや襲撃も行われ、事件は拡大した。

中国当局の発表によると、死者は197人、負傷者は1700人以上に上った。また、12月までに数十人が起訴され、20人以上が死刑判決を受けている。(翻訳・編集/TH)

関連記事

<09年中国10大ニュース・1>英大学で講演中の温家宝首相を学生が「独裁者」呼ばわり、靴投げつける

09年に中国で起きたさまざまなニュースを「09年中国10大ニュース」として振り返る。1本目は中国の温家宝首相が英国で講演中に靴を投げつけられた「靴投げ事件」。写真はブッシュ前米大統領への靴投げ事件を受け、中国に登場した靴投げゲーム。

Record China
2009年12月29日 11時46分
続きを読む

<ウイグル暴動>ウイグル族22人、カンボジアの国連事務所に亡命申請―中国紙

7日、中国新疆ウイグル自治区で7月に発生した騒乱で殺人などの罪に問われた被告に対する死刑判決が相次ぐ中、摘発を恐れたウイグル族22人がカンボジアの国連難民高等弁務官事務所に亡命を申請していたことが分かった。写真はウルムチ市内を巡回する武装警察。

Record China
2009年12月9日 19時31分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング